文章の方はどういう風に改善していけばよいのでしょうか

コンテンツビジネス選手権LPアドバイス

実践されていて
とても素晴らしいですね。

作ったものを実際に出してみる
(アウトプットしてみる)ことで
改善点なども見えてくると思いますので、
本業の合間を縫っての実践かと思いますが、
このまま継続して頂ければと思います。

添付いただいた資料の方ですが、
やや全体向けに書かれている印象を与えてしまいますが、
できれば読み手側がこの文章を目にした時に

「自分だけに向けて書かれている」

という印象を与えられるように、

「あなた」

などの言葉を使ってみてください。

また、「簡単」などのフレーズについては、
もう少し具体的にアピールした上で、
読み手側が自発的に

「それなら簡単そう(自分でもできそう)だよね」
「それなら稼げそうだよね」

という印象を与えられるように書かれた方がといいと思います。

そのためには、

「どうやって〇〇を作るのか」

そのイメージに繋がる工程を示した上で、

「なぜ、それで稼げるのか」
「〇〇を作ってどうやって稼ぐのか」

を示す必要があるかと思います。

文章の中で力を入れてアピールしていくべきは、
そのオファーの独自性や強みになりますので、
上記のようなポイントを重点的にアピールするようにしてみてください。

現状の文章は問題提起がほぼ6割近くを占めていますが、
より重要なのはその解決策の強みのアピールなどになります。

問題提起は読み手の興味を引き、意欲を高めていく上で有効ですが、
読み手を動かすものはその先にある「解決策」の強みや
優位性をイメージさせられる要素になるからです。

>こうした
>文章の方はどういう風に
>改善していけばよいのでしょうか。

こういった文章はコピーライティングですので、
まずはコピーライティングの法則などを学んでいただき、
その上で実践を積まれていく以外にはないかと思います。

ただ、コピーライティングには法則がありますので、
その法則というのは誰がやっても同じ結果が得られる
そのプロセスなどを体系化しているものになります。

もちろん、法則を実践で活かしていくためには
ご自身のアウトプットなどが必要となってきますが、
いわゆる文章の才能などとはさほど関係の無いものです。

なので、

>こうした
>文章の方はどういう風に
>改善していけばよいのでしょうか。

このご質問については、

  • コピーライティングの法則を学ぶ
  • その上でその法則を実践で活用する

このような過程を踏んで頂ければ、
上達されていくはずです。

まずは、法則などを学び、
その上で岩砂さまご自身で書きながら
色々な文章(コピー)を読まれてみてください。