キャッチコピーについて

セールスライター養成講座LPアドバイス

内容はともかくとして、
LPの構成そのものについて言えば、
キャッチコピーにあたる部分がやや

「文章的な(キャッチーとは言えない)構成」

になってしまっているため、
必ずしも文章的なキャッチコピーがダメというわけではありませんが、
キャッチコピーはサイトにアクセスして一番最初に目に入るコピーであり、
そこまで高い集中力で読んでくれるものではないため、
文章的なコピーよりもキャッチーなコピーの方が適しています。

キャッチーなコピーというのは、
前後の文章のつながりを理解しなくても、
その一文のみで意味が理解できるようなコピーです。

例えば、RNのレターやLPのキャッチコピーは
殆どが一行のみを読んでも意味がわかるような、
キャッチーなコピーで構成されています。

対して文章的なコピーというのは、
前後の文章の繋がりなどを追いながら、
論理的に構成していくコピーのことです。

これは前後の情報の繋がりを読み手に認識させることで
説得力のある話を展開する際には有効ですが、
ある程度、集中して読まれなければ理解されないため、

「低い意識で読まれる前提のキャッチコピーには不向き」

と言えます。

要するに、LPのキャッチコピーは
LPにアクセスしてきて一番最初に目に入るコピーであり、
その段階ではそこまで集中して読んでもらえないので、
まずは文章的なコピーよりも、

「キャッチーなコピーで構成して興味を引く」

ほうが有効なコピーを構成しやすいということです。

そのため、まずは、一行のみを読んでも
その1行の中で伝えたいことを理解できるような
キャッチーなコピーを2〜4行以内にまとめる構成で
LPを作成してみてください。

セールスライター養成講座 とは?

自由な職業No.1!カタカナ知識は必要ナシ。
家族からも感謝されて我慢ゼロの人生を送り、誰にも陰口を叩かれずに稼ぐ方法。
平秀信の言葉(日本語)の活用法とは?