3億円の宝くじが当たった

そんなところから「億男」の小説は始まりますが、主人公は多額の借金を返済するため、図書館司書とパン工場勤務を掛け持ちして働く男。労働型の限界を象徴しているかのようです。

一方ネットを見てみると、

他人のブランド品を、あたかも自分のお金で買ったかのようにアピールする人・・・

お札だけ用意して「こんなに稼げました!」と投稿して集客する人・・・

何かうさんくさい・・・あなたの感覚は間違っていません。

これらは、私が実際にやっている人から直接聞いた、偽りの姿でビジネスしようとする人たちの話です。「異常にうまい話だな」と感じる時には必ず裏があるものです。

では、彼らが言う「成功」とは全て夢やまぼろしで、億男のように宝くじでも当たらないと無理なのか・・・。

そんなことはありません。

私は、25才でオクゴエの収入を得ましたが、周りには20代前半&たった1人で10億の売上げ規模の経営者がわんさかいます。つまり「リアル億男」です。当然私より早く報酬1億円を達成していました。

「いやいやそんなバカな・・・」

と感じたかもしれませんが、ぜひ現実逃避せずに目の前で起きていることを見つめてほしいです。現代では事業の成功に才能、生まれや家柄、人種、そして年齢も全く関係ありません。

”やり方”を知っているかどうかだけ。

20代で成功している経営者、投資家、宝くじに頼らないホンモノの「億男」は、漫画や小説の中にだけ出てくるだけのキャラクターではありません。ごく普通にこの瞬間もポコポコ誕生しているのです。

私にビジネスと投資の”やり方”を教えてくれた先輩経営者のメンターもそうでした。白いTシャツにジーパン、サンダルという、質素な服装で目立たない感じです。

しかし、お金を稼ぐ、ビジネスを成長させる、余剰資金を運用する、など資産を増やす考え方は完璧。やるべき事を淡々と実行し、計画的に事業の売上も自身の報酬も大きくしていました。

そして何より、雇われの身を脱却し、自分が欲しいものを手にする人と、そうでない人の差は

「知っているか、知らないか」

「やるか、やらないか」

だけだと教えてもらったのです。

変なビジネスに手を出さなくても、本業でも副業でも、しっかりと安定的に売上を作り事業を成功させる事は可能だと理解したのです。

正しいやり方さえ知ったら、あとはやるだけですが・・・

が確定します。私がそうだったように、何かを始めるなら一流の”やり方”を完コピするのが最短最速の道です。

なので今回、私が教わり、実践したオクゴエまでの具体的な方法とビジネスマインドを凝縮したPDFの電子書籍「億男の裏マニュアル」を無料プレゼントしています。

内容を一部紹介すると、

「どこが”裏”なの?」

と思ったかもしれません。成功者風の人が”表”で見せるのはカンタンでギラギラした世界だけ。

私がお伝えするのは、成功者が見せたがらない泥臭い面・・・方法、仕組み、素早い判断力生むマインド。ガチの内容だからこそ「裏」であり、本来最も重要なことなのです。

ですから、今回の電子書籍であなたに合ったビジネスと方法が見つかり、何をしたらどの位事業が大きくなるのか、収入が増えるのか、すぐに分かります。

そして、この電子書籍であなたはスタートラインに立つことができます。

しかし、いきなり信用しろとは言いません。私がメンターと会った時もそうでした。それに電子書籍を読んで何もしなければ、当然何も起きません。

まずは、無料でこの電子書籍を読み、あなたに向いている新事業・副業の方法や考え方、足りなかった知識などを吸収し一歩踏み出してもらいたいです。

是非、今すぐ、下記にメールアドレスを登録して、ボタンをクリックしてレポートを手に入れてください!

 

特定商取引法 | プライバシーポリシー

©2020 RN All rights reserved.