「知識、経験、スキル」をお金を生み出す資産に変換する方法…毎月30万円のもう一つの収入源を手に入れる”拡張コンテンツ”の秘密をセミナーで公開政府に略奪される恐れのない合法的に非課税の資産を構築する刺激的な方法…(ヒント:海外、タックスヘイブン、仮想通貨は無関係)

国が隠蔽する不都合な真実

先日、純利益2.5兆円のトヨタ自動車の社長が「終身雇用の継続は難しい」
と、発表しました。

さらに経団連の中西宏明会長も「終身雇用なんてもう守れないと思っている」
という発言しています。

終身雇用は崩壊決定ですが、驚くのはこれだけではありません。

老後2000万円の貯蓄が必要

65歳の無職の夫婦が年金収入に頼った生活をする場合は、毎月5万円の
赤字が出るという報告書を、金融庁が公表しています。

増税や高齢化社会に伴う医療費の増加などで生活費が増える一方なのに
少子化で年金の財源が確保できないのが最大の原因でしょう。

5万円の赤字は毎月なので、人生100年時代を想定すると20年で1300万円。

30年で2000万円も不足する計算になるというのです。

年収などによっても変わるでしょうから、ここが最低ラインという感じです。

自助努力

ここまでの話をわかりやすく一言でまとめると、こうなります。

国は、もう年金や社会保障制度は限界だと言っているのです。

だから、自力で老後に2000万円を今から準備しておきなさいと
サジを投げたのです。

自分の身は自分で守るしかない時代に突入してしまいました。

おそらく、多くの人が老後破産の危機を身近に感じていることでしょう。

そこで私が考えている、

国家破綻に備える最新の資産構築法

について、金融庁が発表した資料より、何倍も実用的な手法について
お話ししようと思います。

ニーサだかニートだかよくわかりませんし、イベリコ豚みたいな
名前の制度に加入とかどうでもいいと思いますよね?

どうせ、またお金を預けたはいいが運用がうまくいかなかった
だかで、元本すら戻ってこない可能性だって考えられます。

なので国に資産を奪われることのない、確実に資産を構築する方法
がベストだと思います。

これから順番にお伝えしていきますので、慎重に読みすすめてください。

それと、誤解のないように始めにお伝えしておきますが・・・

濡れ手で泡の荒稼ぎ一攫千金

を手に入れるような、上手い儲け話をするつもりはありません。

巷では副業で手軽に稼ぎましょうとか、仮想通貨がどうとか騒がれて
いますが、やめておいた方が良いと思います。

これだけははっきり言い切れますが、あなたのような一般人に
本当に旨みのある投資話はまずきません。

来たとしたらそれは、あなたの財布から現金を奪うのが目的です。

私も年収が5億円あった時に、まんまと投資話に騙されました。

10億円ほど損しました

勉強代にしては、かなり高くついてしまいましたが良い経験です。

これ以来、お金が余っていても安易な儲け話や投資話には
乗らないようにしています。

いっておきますが10万円とか、100万円くらいの投資資金で
本当に儲かる投資はないと思ってください。

本当に儲かる投資案件は、現金で最低1000万円くらい持ってからじゃ
ないと話はこないと思って間違いありません。

もちろん投資に1000万円を使えるということは、それ以外にも
余裕資金があるという前提になります。

おそらく、これをお読みの多くの方は1000万円どころか・・・

老後まで預貯金ゼロ

の危機的な状態にあるのではないでしょうか?

給料も上がらないのに、35年の住宅ローンを組んでしまい。

そこに子供の教育費や日々の生活費が圧迫をして、預貯金どころ
ではないという30代、40代の会社員の方の話をよく聞きます。

自分でビジネスをやっていたり、一人社長の方などはもっと厳しい
収入でやりくりしている人もいたりします。

夫婦共働きを維持しないと、一瞬にして家計が破綻してしまうという
声もよく聞きます。

預貯金をする余裕がないのに、どうやって65歳までに2000万円
も貯めることができるのでしょうか?

役職定年、再雇用で年収激減

終身雇用の崩壊宣言をしたかと思えば、一方では会社員の定年を70歳まで
引きあげるような話も出ています。

今のお年寄りが年金をもらい始めるのを少しでも遅らそうという魂胆だと思います。

70歳まで会社で悲壮感たっぷりの顔で働く老人がこれから増えるのです。

給料はもらうことはできても、愚痴ばかりの会社員人生を60歳以降も
まだ10年続けないといけないのはとても辛いと思います。

まして、これから、AIロボットが活躍する時代です。

AIの知能に比べたら、ボケ始めて痴呆気味の老人の働く場所はなくなります。

古い職業は消滅し、新しい職業が出現

エストニアという電子国家がありますが、ここではすでに
会計士や税理士が失業しています。

銀行員も、公務員も多くが不要となってしまいました。

国民のお金の管理を、全てAIが行なっているからです。

日本でも遅かれ早かれこうなることでしょう。

経理の仕事などは、大企業ではすでにアウトソーシングしている
くらいです。

AIにやらせることで社内の人員をさらに削減することもでききます
から、体力も知力も衰えた70歳近くの老人に高い給料を払い
雇い続ける意味がないのです。

過去の結果が未来の収入を約束しない

これからは、過去の功績で給料があがる時代ではありません。

難関な国家資格なども、持っているだけでは稼げない時代になるでしょう。

また、単純労働や事務作業など労働集約型の仕事しか
できない人も稼げなくなります。

年をとって体力が衰えるので、必然的に働く時間も短くせざるをえない
からです。

70歳、80歳まで健康な体を維持できないと、収入が途絶える
ことになりかねません。

収入が1つは最も危険

これからは収入の柱が1つしかないと、老後破綻の危機を避けられません。

結婚しているなら、夫婦フルタイムで共働きでギリギリなんとかという
感じだと思います。

病気や子育てなどでどちらか一方が働くことができなくなったら大変です。

なので、若くて元気なうちにできるだけはやく複数の収入の柱を作る
ことをお勧めします。

国も副業を解禁していますので今こそ、危機感を持って行動をするべき
じゃないかと思います。

新しい知識社会に適応できなければ脱落

今は、知識社会と言われています。

複数の収入源を作るために、もう一つの働き先を見つけるというのは
正しい答えではありません。

コンビニの深夜バイトや、新聞配達などのアルバイトをかけもちする
など労働集約型の仕事を複数やるのは、おススメできません。

若いうちはいいですが35歳をすぎると体に無理がかかります。

体調を崩して病気になったりしたら働けなくなりかえって収入が減って
しまう恐れがあります。

なので、これから複数の収入源を作る場合は「知識社会」に適応した
稼ぎ方というのをやる必要があります。知識労働と言うものです。

ただし、知識労働といっても単純な情報や学習分野の話になると「AI」の方が
優秀なので、遅かれ早かれ仕事はAIに奪われます。

なので難関資格を取ろうとか、専門知識を身につけましょうとかそういった
話ではないので安心してください。

逆境やコンプレックスをお金に変換

AIの登場で知識社会は、新しいステージに入りました。

一言でいうと、これまでは知識が重要な社会だったのですが
これからは、知識が価値を失う社会になっていきます。

例えば以前は難しい税務という知識が重要だったのが、一度AIに覚えさせ
れば、あとは人間が計算をするよりも早く自動で全部答えが出てきます。

だから、単純に知識があるというだけではお金を稼ぐことは
できないというわけです。

では、新しい知識社会のステージで稼ぐために必要な知識という
のはどういったものかと言いますと・・・

知識を人間の欲望や感情とリンクさせコンテンツ化することが
重要になってきます。

「からあげ」選手権

子供も大人も大好きな、鳥のからあげが、数年前にコンテンツ化されて
話題になりました。

からあげ好きの男性が、面白半分で、からあげ好きのためのサイトを
インターネット上に立ち上げたのが始まりです。

するとそこに全国のからあげ好きの人が集まってきて、全国のからあげ
をテーマにした話題がどんどん盛り上がっていきました。

北海道では、からあげのことをザンキと呼んだりとか、そういった話題です。

経験、生き様、生い立ち=コンテンツ

からあげの食べ方や味付けは、地域に住む人の経験や生活スタイル
よって違うというのはなんとなくわかると思います。

それが、コンテンツ化をされていくとどうなるか?

まず、地域ごとの「からあげ」の味付けの仕方というレシピという
コンテンツができました。

そこから味付けの素材や鶏の種類や部位がコンテンツ化されていきました。

全国津々浦々で、からあげコンテンツが立ち上がり盛り上がったところ
で、今度は「どこの地域のからあげが1番おいしいか?」という
からあげ選手権が始まりました。

精肉店や、調味料メーカーがスポンサーに付いて、大盛り上がりと
なりやがて、からあげ協会ができ、UFOキャッチャーのぬいぐるみ
などのからあげグッズができて・・・

という感じで、ただの「からあげ」がコンテンツ化されて
そこから様々なビジネスが立ち上がっていったのです。

コンテンツは拡張される

ここで覚えておいて欲しいのは、コンテンツは拡張性のあるもの
だということです。

言葉が難しいので、SNSの、いいねやシェアやリツイートみたいに
広がっていくというイメージで捉えていただけたら大丈夫です。

さきほどは、からあげを例にあげましたが、身近なところでは小説
などの本がイメージしやすいかと思います。

例えば、ハリーポッターという物語は小説として本になり、そこから
映画化されました。

映画館で上映され、DVDになって販売された後はレンタルされます。

映画のレンタルは、オンラインで世界中で見ることができますから
理論上は、

地球上に住むすべての人がお客さん

ということになり、それだけお金を手に入れるチャンスも増える
ということなります。(音楽なども同じ)

ハリーポッターの諸説を書いたのも、普通の主婦ですし。

少し前に、ジャスティンビーバーの目に止まったことがキッカケで
大流行したピコ太郎も、元は売れない芸人でした。

人気のユーチューバーも、今ではプロなのかもしれませんが
元はたただの素人です。

フェイスブックは、元をたどれば、ただの学生名簿です。

それが、オンライン上でコンテツとして個人が発信できるように
なり世界的に広がりました。

そう考えると今の時代は、

誰でも億万長者になれるチャンス

が、そこら中に転がっているということになります。

拡張性のあるコンテンツを作ることで、無限に収入が入る仕組み
を作ることも可能だからです。

なので、今、収入に不安がある人は一刻も早く拡張性のある
コンテンツを作って、それを収益化することを考えることを
おすすめします。

従来の労働集約型の時給や、働いた日数でお金を稼ぐ方法という
のは、遅かれ早かれAIなどに代行されていきます。

大量失業の危機に瀕することも考えられますので、今のうちに
もう一つの収入源を作っておくと良いでしょう。

また、そもそも

「拡張性のあるコンテンツは、どうやって作ったらいいのですか?」

という質問もあるかと思いますので、お答えしておきます。

読む、聞く、話す、書く

これから拡張性のあるコンテンツを作り、それを売ってお金持ちに
なりたい人は、このスキルを身につけることをおすすめします。

読む、聞く=インプットと、

話す、書く=アウトプット

と置き換えるとよくわかると思います。

たとえば、メンタリストのダイゴさんは、大量に本を読んでそれを
まとめてコンテンツにして動画で話します。

さらに話した内容は本になり出版されます。

話がうまくない場合は、読んだり聞いたりしたものを書くだけも
コンテンツはできてしまいます。

本を読むのが苦手なら、話を聞いたものを文章にするというかたち
でもコンテンツはできます。

いずれにしても、

書く技術を諦めることは稼ぐチャンスをドブに捨てているようなもの

だと思ってください。

書く技術は、練習すれば何歳からでも上達します。

また、コンテンツを作って稼ぐという目的を一つに絞った
場合は作家みたいな文章力まで必要としませんので大丈夫です。

小学校5年生が理解できるような日本語を書ければ、稼げる
コンテンツを作ることは十分可能です。

これをお読みの方のほとんどは、中学校までは卒業している
ことでしょうから、問題なくコンテンツは書けると理解して
いただいて良いと思います。

あなたはまだ、自分らしい本当の稼ぎ方を知らないだけ

【コンテンツビジネス事例:2時間で200本の動画撮影、3日間で88万円売上】

【コンテンツビジネス事例:治療院集客ノウハウ】

みたか元気塾 高木祥伍さんの事例

【コンテンツビジネス事例:ボディメイク】

トレーナー 林セラさんの事例。1周間で120本販売

【コンテンツビジネス事例:無料集客ノウハウ】

整体院 伊藤考将さんの事例。約1ヶ月で100万円以上売上

【コンテンツビジネス事例:シーバス釣り】

宮川靖さん:22セット販売で205,354円売上

あなたの「知識、経験、スキル」を毎月30万円の収入に変える1日

今回は、セミナー形式で会場に来た方だけにお伝えします。

コンテンツを作り、毎月30万円を稼ぐ具体的なステップです。

ここでは紹介できない成功事例も会場でだけお伝えします。

質問や疑問にお答えしながら、コンテンツを収益化させるまでの
全てのステップを丁寧に解説します。

セミナーに参加した次の日からすぐにコンテンツ作りに取りかかる
ことができます。

コンテンツを作り、それを売るための仕組みに乗せるまでの時間は
必要ですが、それができれば後は毎月30万円から50万円の
収入が確定します。

コンテンツの量産、拡張で収入増

まずは1つコンテンツを作り、それを売る経験を積むことで
2つ目、3つ目とコンテンツを増やすことが簡単にできます。

また、売れるコンテンツだということがわかれば、それを拡張
させていくことが可能です。

コンテンツを動画にしたり、音声にしたり、会員制やサブスク
リプション課金で収益化するなどの方法もお伝えしますので
楽しみにしていてください。

RNの会社で実際に結果の出ている事例を元に、コンテンツを拡張
させていく方法を学ぶことができますので即、結果につなげて
いくことができると思います。

他にもセミナーで話される内容の一部を紹介すると・・・

他にも、ここには書ききれないほどの具体的なテクニック
の数々をセミナー会場でお伝えします。

このセミナーで聞いた内容をそのまま実践してください。

コンテンツという拡張性の高い商品を作り、そこから
毎月30万円の収入を確保することができるようになるでしょう。

混沌とした複雑な世界恐怖心を誘発する急速な変化

もうじき消費税もあがる予定です。

今と同じ収入のままだとしたら、節約しないと生活が困窮します。

今の30代、40代の人などは特に老後の保証はどこにもありません。

年金はあてにしないでも生活できるようにしないといけません。

デモをお越しても何も変えられないからです。

ホリエモンさんも言っていますが、そんな暇があるなら稼ぎましょう。

ただし、これからの時代は単純に働く時間を長くして稼ごうとしても限界が
あります。

肉体的、精神的に辛い思いをして健康を害したり限界がきてしまいます。

なので、これからは知識社会なのでもうちょっと

脳みそに刺激を与えて自分らしく稼いでみませんか?

というお話です。

「コンテンツ」というものを作れば、それをオンラインなどで
拡張して収入を増幅させていけます。

会社員の方や主婦の方、コーチやコンサルタントの方やアーティストや
ミュージシャン、店舗を経営している方などどんな人でもコンテンツは
作ることができます。

まずは月に30万円くらいを目指すところから始めると良いと思います。

1万円のコンテンツなら、30人に売れば30万円の収入という感じです。

30人に売るためには例えば、facebookなどを使ってセールスをする
ということもできます。

専門知識やスキルの高さは収入とは無関係

またコンテンツを作るといっても、専門知識やスキルなど何もない
ので売れるわけがないです・・・

という心配をしている方もいるかと思います。

安心してください、専門知識の量や質が高いから売れるコンテンツを作る
ことができるというわけではありません。

専門家のような高度な知識はなくても十分稼ぐことが可能です。

先ほども伝えしたようにfacebookのユーザーは、2800万人ですから
そのうちたった30人に売るだけで良いのです。

毎月30人に売るとして、年間360人、2800万人のうちの何パーセント
になりますか?1パーセントにも満たないですよね?

重要なのは集客ができるか?

ということだけなのです。

詳しくは、セミナーで解説しますが、日本語が読めて、最低限の文章を
書くことができればゼロからでも30万円稼ぐことは十分可能です。

まずは、コンテンツを拡張させて収入は増やせるんだというその事実と
ノウハウをセミナーで知っていただければと思います。

セミナーが終わったその日のうちから、コンテンツを作り始めること
ができますので、ぜひあなたの挑戦をお待ちしています。

・セミナー概要

日時:8月24日(土)
場所:東京都内
定員:150名
価格:9700円(税別)
講師:平秀信ほか

>>セミナーに申し込む<<

追伸:

今回のセミナーには完全返金保証がついています。

セミナーに参加をしてみて、自分には必要ないとか稼げそうにないと
感じたらその場で返金の手続きをしていただけます。

特に理由を聞いたりしませんし、あれこれと言い訳をして返金をしない
ということは一切ありませんので安心してください。

本気で稼ぎたいという方、必要としている方にだけ実践して結果を出して
もらいたいから、ここまでやっています。

なので、参加費は一旦お預かりするような形になりますが、参加をした
後に返金をしてもらうということも可能ですので、まずはこのチャンスを
手に入れるための行動をしてみてください。

あなたのリスクは全て私が引き受けますので、どうぞ安心して一歩を
踏み出してください。

>>セミナーに申し込む<<