あなたは、ブランドと聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

企業や商品がいかに他とは違っているか、名称やデザイン、ロゴやフォントなど、あらゆるものを駆使して差別化をすること。それがブランディングと呼ばれています。

商品やサービスを購入するときに、代わり映えしないものの中から選ばなければならないことは、結構多いですよね。

食品や飲料、日用品や家電でも、価格や安全性、性能・機能などに大差がないとき、大体好きなブランドで選ぼうとします。

「信頼できるブランド」で選ぶことが、情報が溢れる中で楽にクオリティを確保する一番手っ取り早い方法であると、自分や周りの経験で知っているのです。

ここで言う「信頼」は、一朝一夕に手に入るものではなく、長い時間をかけて「ブランド」を育てる企業努力で成り立っています。

ビジネスにおける、お客さま、クライアントも同じように「ブランド=信頼」を軸に契約を結ぶことが多いといえます。

でも、お客さまの信頼(ブランド)は、時間をかけて育てる以外に、方法はないのでしょうか?

だとしたら、後発には絶対にチャンスが回ってこないことになりますよね。

「ブランド=信頼」について、少し考えてみましょう。世の中には、たとえ初対面であっても、信頼を得られる人たちがいます。

これは、「ブランディング」された人物ということができます。
さて、いったいそれはどんな人たちでしょうか。

  1. 学校の先生
  2. 大学教授
  3. 医師
  4. 弁護士

子供の頃の私たちにとって、学校の先生は「なんでも知っている人」「信頼できる大人」でしたし、校長先生なんて、毎日何をしているかもわからないのに「えらい人・すごい人」という認識だったはずです。

大人になった私たちにとっても、「教授」「お医者さま」「弁護士」といった人たち、いわゆる「先生」と呼ばれる職業の人たちは、それだけで信頼感と権威性を感じる相手なのです。

膨大な専門知識をもち、特定の分野で第一人者・オーソリティと呼ばれるような人。様々なジャンルに存在するオーソリティは、近年では、カリスマという呼ばれ方をすることもあります。

カリスマモデル、カリスマ美容師、旅行業界のカリスマ、和食界のカリスマなどなど・・・

まさに彼らは、長い時間と多くの労力をもって自身のブランドを育て上げてきた人たちです。

でも、誰でも自分をブランディングできる、相手の信頼を引きだすことができる「魔法のひとこと」があると言ったら、あなたは信じるでしょうか。

一瞬で、あなたのブランドをカリスマレベルに引き上げる、そのひとことは…

「実は本を出してるんです」

このひとことの効果は絶大です。

差し出した名刺の裏面に、あなたの著書の表紙が印刷されていたりしたら、もう無条件に信頼してしまいます。

相手にとってのあなたの印象は「何かを売り込もうとする、よく知らない誰か」から「本を出版するほどの専門知識を持った、業界のカリスマ」に一瞬で書き換わるのです

「初めまして!」から2分ほど話せばこの有利な展開に持ち込めるでしょう。

きっとあなたは、「本を出版するのも、先生になるのも、難しいことに変わりない」そう感じているかもしれません。

こんな心配を感じているのではないでしょうか。

しかしご安心ください。どのハードルもみんな軽々と飛び越えることができて、自分の本を出版し、カリスマブランドを手に入れて、「実は本を出しているんですよ」のひとことで、相手の信頼を一瞬で勝ち取ることが、あなたにもできるのです。

その理由が全てわかる、一冊のレポートがここにあります。

今、このページを見てくださっているあなたにだけ、特別に無料でこのレポートをプレゼントしたいと思います。

このレポートを使って、サクッとご自身の本を出版し、名刺の裏に自著の表紙を印刷してください!ブログやフェイスブック、WEBサイトでもアピールして、プロフィール欄にも、本のタイトルを書き忘れないでくださいね。

ライバルがこの方法に気づく前に、今すぐ、この下のフォームへメールアドレスを入力し、赤いボタンをカチッとクリックしてレポートを手に入れてください!


メールマガジンを送信する事に同意します