工務店業界では長らくこの合言葉を元に、どの社長さんも「自社にデキる営業社員を作りたい!」と育成に力を入れていました。私が知っている工務店さんの中でも、実際にスーパー営業が育ちました。

そしてどうなったか?

スーパー営業は独立し、全く同じやり方を更に改善して人も引き抜き、近いエリアで工務店を始めてしまいました。独立された工務店さんは売上が激減、一から育成し直しで大打撃となったのは言うまでもありません。

今、工務店を経営する上で重要なのは”仕組み化”です。景気が上向きつつあり、どの業界でも人手不足、”普通の人材”ですら採用困難な状況では、誰でもすぐに理解、実践でき結果に直結するマーケティングとセールスの仕組みが不可欠なのです。

一人の営業に売上が偏るのはとても危険な状態です。抜けた後、人を雇えるかも分かりません。あなたがもし経営者でありスーパー営業なら、倒れた時売上を誰がカバーするのでしょうか?誰かが飛び抜けて売るよりも、メンバーが平均して売上を立てる経営の方が、売上が安定し、規模も大きくしやすいです。

実際に私はオーナーとして工務店を経営していますが、社長にほぼ任せっきりです。それは、すでに仕組み化が進んでいるので、やり方を理解すればどんな社員が入ってきても同じ様に売上が立てられるようになるからです。

もちろん、20棟成約するスーパー営業を育てる方法ではなく、5棟未満のメンバーが10棟取れるようになるという方法です。同じ30棟でも、20棟が一人、後の二人は5棟という状態よりも、10棟が3人で30棟の方が経営が安定するのです。一部の人間だけが周りよりも頑張って会社を支えるのは本当に危険な状態です。

もしあなたが、

などに当てはまるなら今回のレポートに書かれている内容の中に、あなたが求めていることが見つかるはずです。

ぜひ、今回のレポートを使ってあなたの会社のセールスとマーケティングを仕組み化し、一人ひとりのメンバーの売上を一段高めて、引き抜きや独立の恐怖を消し去ってください。