From:平秀信

旧市街地、エストニア
午前7時27分

大切な事実を隠してました。

今から期間限定で、私が80億円を稼いできた秘密を
簡潔にお伝えします。

ヒントは以下の「絵」です。

この絵に稼ぐヒントが凝縮されています。

さて、私は他の人から見れば走り書きにしか見えない
私のメモから想像を超える額のキャッシュを生み出し、
豊かな生活を送れています。

来年、1月で還暦を迎えます。

もちろん、順風満帆の人生でなく
人の3倍以上は波乱万丈を経験しましたが
総じて良い人生だと言えます。

借金1億円を抱えた時代もあれば
年収5億円が銀行口座に振り込まれた時代もあります。

温かい家庭を築いた時期もあれば
離婚して孤独の旅に出てた時期もあります。

ただ、何度も転んでは、何度も起き上がり、
復活劇を遂げて何度も何度も不死鳥の如く蘇りました。

日本社会は厳しく一度失敗すると
社会からは「敗北者」の烙印を押されて、
復活することは困難だと言えます。

例えば、カルロス・ゴーン。

この手紙を書いている時点で結論は出ていませんが、
あれだけメディアに叩かれると日本社会で
また活躍するのは難しいと思います。

なぜ、私が他人の1億円もの借金を背負わされたり、
5億円の投資詐欺の被害に遭っても、
何度も復活を遂げられるのか?

全ては、私のメモのお陰です。

そう、私はコンテンツを書き続けたお陰で、
どん底から何度も復活をして、人の羨むような生活を
残りの余生まで安心して暮らせます。

その秘密を今回、初公開します。

あなたは「メモ」と聞いて果たして何を想像しますか?
忘れないために書いておく文字で
必要なければ破棄する人が大半です。

私は、破棄することはないです。

なぜなら、そのメモが数百万円、数千万円、数億円の
現金に換金できることを知ってるからです。

と言われても信じられませんよね?

例えば、漫画の世界だと、
先日「ジョジョの奇妙な冒険」の作者である
荒木飛呂彦原画展に訪れました。

漫画も「ネーム」と言われる
マンガを書く際のコマ割り、コマごとの構図、
セリフ、キャラクターの配置などを
大まかに表したメモが存在します。

荒木飛呂彦原画展にも、ネームが展示されてましたが、
もはや走り書きとしか思えないメモから、
素晴らしい漫画が完成されてます。

さらに言えば、
「キャラクター身上調査書」と呼ばれている、
キャラクター設定も1人1人に存在します。

姓名・略称、年齢、性別、生年月日、血液型、出身地、
身長、体重、髪の色・瞳の色、視力・色力・メガネの有無
きき腕、声の質、手術経験や虫歯・病気、体のキズやアザ・刺青
病気・やけど、その他の身体的特徴、鼻や目の形、姿勢、
乳房・足・ホクロ、人種、宗教、前科・賞・学歴、
幼児・少年期の精神的体験、その人物、セックス体験、恋人
その考え・結婚、尊敬する人・恨んでいる人、将来の夢、恐怖
性格上の特徴、口ぐせ・くせ、人間関係・態度、家族関係・態度
トラブル関係、職業・学校、経済状態・その態度、ペット・植物
正確、特技・ワザ・能力、趣味・娯楽・好き・嫌い・衣食住、
習慣・好きな言葉、その他

など、登場人物1人1人に対して、
細かいメモ書きが存在します。

ちなみに、ジョジョの奇妙な冒険は1億部、
1冊500円でも500億円の売上。

これに、映画やアニメ、グッズなどの売上を含めると
想像を絶する金額を売り上げてます。

私の年収5億円など霞みます。

私も漫画家を目指していた時期があり、
有名な方のアシスタントをしてた時期もあります。

自分がマンガに登場した経験もあります。

なので断言できるのですが、
漫画家の作業は結構、大変です。

週刊誌であれば毎週毎週、締切に追われて、
あれだけの作品を完成させ続けるのです。

私自身、アシスタントをしてたと書きましたが、
数日で音を上げたものです。

しかし、裏を返せば毎週コンスタントに
マンガを仕上げる「仕組み」ができてる訳です。

「そんなの自分に関係ないし」

と読むのをやめようと思われましたか?

つまり、日々あなたがメモを書き残していけば、
他の誰かが、商品にまとめてくれてコンテンツが
自動的に完成する仕組みを知りたくないですか?

毎週1つの商品が自動的に完成する方法なので、
単純計算でも1年で52個の商品が完成します。

また、建築家で有名な安藤忠雄氏。

今年は私の会社、日本ビルダーズで
安藤氏をお呼びして講演をしていただきました。

世界中に数十のプロジェクトを抱える安藤氏も、
ラフ書きだけで、あとはスタッフや建築会社が
詳細な設計図に書き起こすそうです。

なので、世界中を飛び回りながら、
数十のプロジェクトをこなせます。

これも、メモ書きを残していれば、
あとは、自分が世界中を飛び回りながらでも、
複数プロジェクトを同時に実施できる方法です。

私自身、海外に頻繁に出かけるのは
触れたことのないモノを見て、聞いて、感じて
「メモ」を取るために訪れます。

海外から帰国した後はチームにメモを渡して、
コンテンツの完成を待つ、という仕組みです。

荒木飛呂彦氏や安藤忠雄氏の話は
大きすぎるかもしれませんが、やはり世界規模で
活躍してる人の真似をすべきです。

小さな世界で活躍している人でなく
大きな世界で活躍している人を真似することで、
あなたも大きく羽ばたけるのです。

それでは、あなたの「メモ」を、
どのようにしてコンテンツにしてお金に変えるのか
具体的な話をしていきたいと思います。

その前に、まず最初に「メモ」をコンテンツにして、
お金を稼ぐ方法は、大きく分けて2つ存在します。

・誰かのコンテンツを作成する
・自分のコンテンツを作成する

です。

なので、誰かの「メモ」を元に
コンテンツを作成、数万円〜100万円の報酬を受け取る。

または、自分の「メモ」を元に
コンテンツを作成、100万円〜数億円の売上を上げる。

あなたは、メモを書くのに集中、
数万円〜100万円をコンテンツ作成費として支払い、
100万円〜数億円の売上を上げるのが1つの選択肢。

または、コンテンツ作成専門で、
数万円〜100万円をコンスタントに安定的に稼ぐのが
もう1つの選択肢で、あなたが好きな方を選べます。

「え?平さんはセールスとマーケティングが大事で、
コンテンツの話なんて過去、全然してませんよね。
これまでの話は全部、嘘ですか?」

と言われる人もいると思います。

確かに、これまでオンラインでもオフラインでも、
セールスとマーケティングを中心に教えてきました。

それで、私の収入を超える人も出ました。

ただし、ある程度の金額を稼いでも
一発屋で消える人と、継続して稼ぐ人、
2パターンに分かれてきました。

さらに言えば、セールスやマーケティングなどが
イマイチでもコツコツ続けてる人が
ある日を境にドカンと稼ぎ始めました。

その差は何なのか?その答えは、

「コンテンツの差」

です。

分かりやすくラーメン屋で解説します。

A:味は美味しいが宣伝が下手なラーメン屋
B:味はイマイチだが宣伝が上手なラーメン屋

以前であれば、味に関係なくセールスやマーケティング
つまり宣伝が上手なラーメン屋が流行りました。

ただ、フェイスブックやインスタグラム、
ツイッターなどのSNSで誇張表現は拡散されます。

飲食店であれば食べログに書き込みされ
新規のお客さんの足が自然と遠のきます。

以前であれば、テレビや新聞、権威性のある人の
発言力は物凄く、テレビの有名司会者が

「○○は身体に良い」

と一言、発言すれば翌日には
スーパーから、その食品が消えたものです。

しかし、今ではテレビや新聞、権威性のある人の
発言力が、どんどん弱まるのを感じてます。

その代わり、「隣の奥さん」などの情報が
圧倒的な信頼を得ています。

例えば、歯医者で抜歯した後

「今日は出血するので入浴は控えて下さい」

と歯科医が注意したのにも関わらず、
患者さんからクレームの電話があり、

「お風呂に入ったら血が出たじゃないの!
ネットで調べたら大丈夫と書かれてたのに」

と笑えない冗談も聞きます。

セールスやマーケティングで
過剰に期待させて、コンテンツが悲惨だと、
膝から崩れ落ちるものです。

反対に、セールスやマーケティングが
大したことなくても、コンテンツが素晴らしいと、
他の人にも勧めたくなります。

なので、良質なコンテンツを作ることが、
長期的、安定的に収入をもたらしてくれる
最高のセールスマンの役割を果たします。

それで、話は戻るのですが、
過去、数万人の人にお金儲けを教えてきて
稼ぎ続けている人の共通点は

「良質なコンテンツを作り続けている」

という当たり前の事実です。

セールスやマーケティングが上手であれば、
一時的には爆発的な売上が上がるかも知れませんが、
1年も経たずに表舞台から消えるものです。

反対に、良いコンテンツを作り続ける人は
目立たない人が多いのですが、コツコツ稼ぎ続けて、
ある日ドカンと爆発的な売上を記録します。

当たり前の事実なのですが、

「コンテンツがなければ
マーケテイングやセールスも全く無意味」

です。

普通に考えれば当たり前の事実ですよね。

商品やサービスがなければ、
販促活動も営業活動も意味を成しません。

もし、商品やサービスがないのに
マーケティングやセールスでお金を得たら、
それは詐欺行為と言えます。

もちろん、商品やサービスがない状態で販売する
「ドライテスト」も私はお勧めしてますが
あくまで「良い商品」を作るためです。

ここまで聞いたら分かると思いますが、
私が、田舎で売上10億円の工務店を創り上げたり
1つの会社で80億円を売上げたのは、
マーケティングやセールス以前に、

「コンテンツ」

にトコトン、こだわり抜いたからです。

工務店では「安くていい家」を追求、
家計に優しくて住宅のプロがうなる家づくりを
創業以来20年以上、目指しています。

なので、80億円を販売してきたインプロビックや
RNでも、モノづくりは妥協しません。

セールスやマーケティングに強い会社と
思われますが、実はいちばん力を入れてるのは
コンテンツで10年先を見据えてます。

例えば、2005年、MMSという商品を
「毎月」1億円以上販売してました。

どれだけ売れたかは、もう忘れましたが
まだ、カセットテープや、ビデオテープの時代に
10年先を見据えてCD、DVD販売にしました。

コンテンツも、いまやCDからmp3へ、
DVDからYoutubeへと時代は変化していますが、
時代の流れに合わせて変え続けてます。

10年先を考えるのは、やり過ぎだと思いますか?

確かに、セールスやマーケティングは、
毎年コロコロ内容が変わり続けるので、
なにも10年先を考える必要がないかも知れません。

しかし、「家」であればどうですか?

日本の家の耐用年数は30年なのですが、
実際は、50年、100年と住み続ける方が大半です。

ちなみに、日本最古の家は兵庫県神戸市山田衝原の

「箱木千年家」

で、平安時代である大同元年(806年)に
建てられたものだと言われています。

実に1,200年以上も前の建物でありながら
昭和52年(1977年)まで実際に人が住んでました。

つまり、1200年近く「家」としての
機能を果たしていた、とも言えます。

さて、私たちは日々商品やサービスを作り出して、
果たして何年先まで、その役目を全うできますか?

さて、冒頭に紹介した毎年1億円を販売していた
MMSですが、現在でも売れ続けています。

つまり、13年近く私の財布に現金を
運び続けてくれる優良コンテンツです。

もちろん、今は月1億円も売れてないですし
CDから音声配信へ、DVDから動画配信へと形は
変えてませんが、中身は何も変えてません。

最初から、10年先を見据えて作成したからです。

「でも、平さん、コンテンツ作成は
ニッチキャッシュフローなどで挑戦したけど、
自分には、どうしても無理でした..」

と思われる方もいるかもしれませんが
そんな、あなたに実は朗報があります。

私は、時代の移り変わりを見てきてますが、
最近は大きく時代が変化していることが1つあり

「コンテンツライター」

というコンテンツ作成を専門とする職業がいて、
優れたコンテンツを作成してくれます。

実は、私の数百万円、数千万円、数億円を
何年も稼ぎ続けてくれるコンテンツは、
コンテンツライターが作成しています。

冒頭部分でもお伝えしていましたが、
コンテンツ作成で稼ぐには2つの方法が存在します。

誰かの「アイデア」や「情報源」を元にして
コンテンツを作成、数万円〜100万円の報酬を受け取る

自分の「アイデア」や「情報源」を元にして
コンテンツを作成、100万円〜数億円の売上を上げる。

コンテンツを作る「元ネタ」は別にメモでなくても
実は、アイデアでも大丈夫です。

例えば、コンテンツライターに、
仕事を発注する際のやり取りの一部をご紹介します。

私:
「○○に関してのコンテンツを○○ページ程、
情報源(元ネタ)は△△、□□、☆☆でお願い」

コンテンツライター:
「分かりました!○○ページだと50万円です」

私:
「了解」

です。

作成スピードは人それぞれですが
2週間程で納品されてチェックして修正依頼をして
再度、納品されたら仕事完了です。

何かの仕事をしながらだと1ヶ月は
必要かもしれませんが月収50万は悪くないですよね。

以前、私はセールスライターの教材を販売してたので
違いが分からない人がいると思います。

どちらも、言葉を扱う仕事であり、
コピーライターですがその名前の通り、

セールスライター:セールスコピー作成担当
コンテンツライター:コンテンツ作成担当

の違いです。

ではセールスコピーとは文字通り、
「販売」に関わるコピーを書くことで、
ランディングページ、メールコピー、セールスレター、
など、多種多様な分野に渡ります。
(専門用語が分からなくても大丈夫です)

なので、必要なスキルが多岐に渡り、
売上に直結する仕事なので、精神的に疲弊します。

報酬を歩合で貰えば収入は青天井ですが
ゼロか100の世界で競争も激しいです。

そして、セールスライター最大の弱点は、

「専門分野が限られる」

ことです。

つまり、セールスライターは商品を販売するので
相手の心理を深く知ることが必要です。

なので、必要とあればリサーチに何ヶ月も
時間をかける場合もありますが、自分と無関係な
ジャンルのコピーは基本的に書けません。

例えば、私は還暦前の男ですが、
「女子高生向けのセールスコピー」を書いてくれ、
と言われても一文字も書けません。

それでは、コンテンツライターが
最強か、といえば弱点があります。

それは、コツコツ続けることです。

「モノづくり」

な訳ですから、作業時間が発生しますし、
月に1日働いて、残りの29日を休むとか、
月に1ヶ月働いて、残りの11ヶ月を休むという、
ライフスタイルは、難しいです。

(セールスライターの場合、歩合でもらうことが
可能なので、上記のライフスタイルは実現可能です)

ただ、毎日午前中だけ働いて午後は自由とか、
週3日だけ働いて、週4日は休むとか、
月2週間だけ働いて、残り2週間は休暇とか、
年5ヶ月だけ働いて、残り7ヶ月はバカンス、
という生活は十分可能です。

なので、お子さんを幼稚園に預けてる間に働き、
残りの時間は、家族の時間にする。

月、火、水は働いて、木、金、土、日は
別の仕事をしたり趣味の時間にする。

毎月、最初の2週間で1ヶ月の生活費を稼ぎ、
残りの2週間で日本中、世界中に旅に出る。

または、5月までに1年分の生活費と学費を稼ぎ
6月から長期で海外に家族でホームステイ。

など、ライフスタイルは自由ですが、
1仕事の報酬が1億円、などは難しいです。

さて、荒木飛呂彦氏や安藤忠雄氏の話をしたので
混乱させてしまったかもしれませんが、

「コンテンツ=情報をまとめたもの」

と捉えて下さい。

コンテンツが提供される媒体で、
モバイルコンテンツ、デジタルコンテンツ、
Webコンテンツなど、さらに細分化されますが、

「情報をまとめたもの=コンテンツ」

と同じ意味です。

コンテンツという単語は、1990年頃から、
インターネットや携帯電話などのIT技術が急速に
普及したことで使用されて一般化しました。

直訳すれば「内容」や「中身」です。

ただ、最近では内容を指すだけでなく、
具体的な「情報の中身」を指しており、
そこに含まれる情報が重要視されてます。

と、退屈な話は、これくらいにして、
さらに分かりやすく言うならば、

「コンテンツ=情報をまとめたもの=(あなたの)メッセージ」

です。

なので、書籍や教材、セミナー全てが
情報をまとめたもの、つまりコンテンツであり、
あなたのメッセージ、と言えるのです。

つまり、コンテンツライターは、
情報をまとめてメッセージを作る仕事なのです。

再度、報酬形態をお伝えしておくと、

誰かの「アイデア」や「情報源」をまとめて
コンテンツ(依頼者のメッセージ)を作成、
数万円〜100万円の報酬を受け取る。

自分の「アイデア」や「情報源」をまとめて
コンテンツ(自分のメッセージ)を作成、
100万円〜数億円の売上を上げる。

となります。

「アイデア」や「情報源」とは、
文字、音声、動画などと多岐に渡りますが、
私は文字がお勧めです。

なぜなら並び替えるのに最も時間がかからず
修正にも手間を必要としないからです。

これが、音声や動画だと確認するのに
膨大な時間を要して納品した後に修正が必要な場合
途方もない時間と労力が必要です。

好きであれば、止めないのですが、
音声や動画のコンテンツ作成者は、
何日も徹夜の連続、という話を良く聞きます。

さて、

「コンテンツ=情報をまとめたもの」

と理解していただいたと思うので、
なぜ、世の中の流れ的にコンテンツが重視されるか
もう少し広い視野でお話します。

例えば、歌手のAさん、Hさんがいます。
(歌も情報をまとめたもの=コンテンツです)

Aさんは、歌つまりコンテンツに集中して、
無用にSNSや私生活をさらけ出してませんでした。

なので、神格化されて希少性が失われず、
引退前に出したDVDは180万枚を記録、
1枚8,000円の計算で、144億円の売上。

一方、歌手のHはプライベートばかりを出して、
何度も結婚、離婚を繰り返して、
激太り、激ヤセと歌でなくダイエットが話題。

自分はマイノリティーだと言い、
意見がぶれてきて、マーケティングができない
ライフスタイルに落ちぶれました。

「コンテンツ=メッセージ」

なので、どんどんお客には響かず、
CDの売上がAの100分の1程度にまで落ち込み、
今や圧倒的な差が付いています。

私は、世界や日本の「絶景」が掲載されている、
「絶景本」が大好きで良く読みます。 

訪れたい場所が見つければ、該当のページを
ビリビリ破り、仲間に声をかけて出かけます。

マチュピチュやウユニ塩湖、
世界の秘境、南極まで訪れました。 

ただ、実際は絶景本がブームなのは日本だけ、
海外には、絶景本の類が存在していません。

なぜなら、マーケティングやセールスなどに
踊らされずに自分の選択肢で選ぶからです。

なので、絶景も本で眺めずに実際に訪れます。

例えば、あるイタリア人は日本に
大自然の中で釣りをする為に訪れていました。

つまり、「絶景」でなく「体験」を
経験しに海外に訪れているのです。

絶景は、フォトショップ(画像編集ソフト)で
自由自在に加工できますが体験は加工できません。

なので、コンテンツを重視する海外の人は、
日本の「地球の歩き方」と似た体験が中心の本を
参考程度に見て、実際は体験をしにきます。

日本人はテレビや雑誌、書籍で
「世界の絶景」などに興味は持つものの、
実際には体験しに訪れません。

私、ほぼ毎月どこかの国に足を運ぶのですが、
最初から最後まで日本人を見ないことも
最近では本当に多くなりました。

たまに見かけるのは老人クラブの方々。

70歳過ぎの方がリュックを背負い
元気にスイスのアルプスを登山したりと、
元気な姿を見せてくれています。

反対に、中国や韓国などアジアの若者が増えて、
日本語の標識は、どんどん減りつつあります。

若者は世界に訪れ、自分の目で確かめずに、
絶景本だけで満足してるのです。

しかし、カメラアプリSNOW(スノー)で
撮影した顔と、実際の顔が全然違うのと同じく
絶景本と実際の景色は全然違います。

私は、アフリカや南極なども訪れましたが
絶景本に掲載されている加工された景色と、
実際の景色は全く異なり落ち込んだものです。

つまり、加工された絶景本の例に見るように、
過度の宣伝や、誇張表現は通用せず

「コンテンツ=内容、中身」

が重視される時代に突入してます。

これは悪い兆候かと言えば違い、
物事の内容、中身が重視される時代ですので、
人間でいえば「あなた自身」が見られます。

つまり、これまでは自分を取り繕い
過度の宣伝や、誇張表現が上手な人だけが
目立つ時代でしたが、これからは違います。

コツコツ頑張る、本物の人だけが評価される
本当に良い時代に突入すると確信してます。

では、「本物」とは一体何なのか?
それは、「リアルな日常」です。

例えば、漫画の世界で例えると、
サザエさん、ちびまる子ちゃん、よつばと!など
日常を表現する漫画は20年、30年と続きます。

リアルな日常を表現してるので、
ネタが尽きず、読み続けても飽きないからです。

サザエさん、ちびまる子ちゃんは、
ご存知かもしれませんが、「よつばと!」は、
中にはまだ知らない人もいるかもしれませんね。

私は、会う人、会う人に勧めますが
隠れたベストセラーです、ぜひ読んで下さい。

日常を描いているので地味です。

ただ、興味深いのが成功者が日頃、愛読するのは
地味な本が多いことが特徴です。

ベストセラーには決して並ばず、
逆に、地味過ぎて絶版、知る人ぞ知る本になり
Amazonで高額取引されてます。

成功者の定義が曖昧でしたが、
今回は、年収が1億円を超えている人とします。

反対に、若者はドロドロした漫画を好みますし、
「非日常」を求めていますが、絶景本と同じく、
それらはフェイク、リアルな世界と異なります。

ちなみに、アメリカ合衆国の
ネブラスカ州オマハに住み、今年88歳を迎えて、
純資産806億ドル(9兆円!)の
ウォーレン・バフェット氏の愛読書は

「決算書」

です。

これを1日8時間、読むのが
楽しくて仕方ないのですから成功者は違います。

「平さん、本を読まずに成功する人もいるから、
その人の場合はどうなのですか?」

と目くじらを立てる人もいますが、
その人たちは経験豊富な先輩から、

地味な話を繰り返し聞いている場合が多いです。

さて、大事なことなので繰り返しますが、

「コンテンツ=情報をまとめたもの」

で、メッセージとして世の中に発信、
その対価として売上や報酬を受け取ります。

では、

「本当に自分にもできるのか?」

という疑問が湧いていると思うので、
お答えすると、誰にでもできますが必要なのは

・パソコン(安くてOK)

・読むのが苦ではない

・継続して作業できる

最新のパソコンも必要ありませんし、
速読ができなくても大丈夫です。

コンテンツを作り続けると自然と早くなります。

コツはありますし、
その方法は後ほどお伝えしますが、
基本的には「慣れ」が大事です。

キーボードを見ずにタイピング、
ブラインドタッチも極めて行けば

見えないタイピング

までスピードを高められますが、
これも、続けていれば自然と早くなるものです。

格闘技で、練習を何万時間も続けるよりも、
1回の実践の方が上達は早いです。

同じく、コンテンツライターも
コンテンツ作成を続けてるうちに速読や、
早いタイピングが身につきます。

速読やタイピングばかり練習して
コンテンツ作成をしなければ1円も稼げません。

さて、コンテンツライターの条件で

・パソコン(安くてOK)

・読むのが苦ではない

・継続して作業できる

をあげましたが、ネットに繋がるパソコンなら
ヤフオクやメルカリで数万円ので大丈夫です。

本当は仕事道具なので最高のPCを
使用して欲しいですが最初は何でも大丈夫です。

今はコピーライターとして活躍する神崎さんも、
お金がない時代は最初は月1万円でパソコンを
レンタルして、みかん箱の上で、
日々作業を続けていたそうです。

そして、文章が苦手でない(得意でなくてもOK)が
最低条件なので活字を読んでいると昼でも5分で
睡魔が襲う方は向いていません。

これは、慣れるというか体質だと思いますので
最初から別の仕事に目を向けた方が良いです。

あとは、継続して作業できること。

コンテンツを完成させるる為には、
ある程度の時間は必要になるので活字と同じく
パソコンの前に5分も座るとグッタリする、
という方も、止めた方が良いです。

以上、

・パソコン(安くてOK)

・読むのが苦ではない

・継続して作業できる

が最低条件で、特に専門知識を必要としません。

これがコンテンツライター最大の強みで、
あなたが何の専門家でなくても問題ないです。

むしろ、変な知識がある方が、
自分の意見を入れたくなるので邪魔になります。

先程、還暦手前の私が女子高生向けに
何かセールスするのは無理だとお伝えしましたが
コンテンツを作るのは十分に可能です。

なぜなら、世の中に女子高生の
情報源は溢れていて、それを「ある法則」に従い
並び替えればコンテンツが完成します。

そして、報酬を受け取るのですが、
お金の他に、知識も身につきます。

女子高生の専門家になりたい方は、
少ないと思うので別の例で詳しく説明してみます。

例えば、あなたがコンテンツライターとして、
ある飲食コンサルの方から、

「売上がアップする卓上POPの作り方」

に関するコンテンツの作成依頼を受けたとして
あなたは全く飲食店を経営した経験もなければ
コンサルティングの経験もない、大丈夫なのか?

「はい!大丈夫です。」

重要な法則を再度お伝えしておくと、

誰かの「アイデア」や「情報源」をまとめて
コンテンツ(依頼者のメッセージ)を作成、
数万円~100万円の報酬を受け取る。

自分の「アイデア」や「情報源」をまとめて
コンテンツ(自分のメッセージ)を作成、
100万円~数億円の売上を上げる。

の今回は前者のパターンになります。

それで、依頼主のブログやメルマガを読み込み
売上が上がる卓上POPの作り方に関する
記事を、パソコンのメモ帳にペタペタ貼ります。

「卓上POPの作り方の記載がなければ?」

の不安を抱く必要も一切ありません。

依頼主が指定する本や雑誌(費用は依頼主が負担)を
購入して書かれてあることを同じく、
パソコンのメモ帳にペタペタ貼り付けていきます。

著作権的に、どこまで内容を引用して良いのかは、
きちんと明確な回答があるのですが、
ここでは先に流れを説明していきます。

そして、手元に集まるメモを
「ある法則」に従い並び替えるだけで完成します。

以上です。

・・・

簡単すぎて心配になりますか?

それでは、妊娠中の女性、元ホテルマン、
トレーナー、治療家の方がモニターとして
ゼロから実践、
すでに報酬を得てるので、
声を聞いてみて下さい。

いかがでしたか?

自分にもできると思いませんか?
コンテンツを作成するステップをまとめると、

ステップ1:

依頼主コンテンツのページ数、
納期、報酬額を確認する。

ステップ2:

依頼主のメルマガ、ブログを確認
必要とあれば本や雑誌を購入する。
(必要経費は全て依頼主に請求する)

ステップ3:

必要な箇所をパソコンのメモ帳に、
ペタペタと貼り付ける。

ステップ4:

「ある法則」に従いメモ帳を並び替え
売れるコンテンツに仕上げて納品。

ステップ5:

報酬を受取り次の仕事に取り掛かる。

です。

もちろん、コンテンツライターに依頼せず、
自分で作り販売する方法も選択可能です。

コンテンツライターは益々必要とされます。

例えば、高城剛未来研究所はチームで構成され、
ライターがいますが、時期で変わります。

個人で圧倒的な情報を出してるように見えますが
実はチームがいるから、十分実現可能です。

高城剛さんは、アイデア出しに専念してます。

私自身も、チーム平秀信(RN)が存在して、
役割分担をしてるので大量の良質なコンテンツを
絶え間なくリリースすることが可能です。

なので、私が1つの事業で80億円を売り上げた秘密、
それは、表に出る人(私)と裏方に回る人で
チームを組んで次々商品を出しているのが理由です。

それだけです。

良い商品は自然と口コミが起きますし、
同じ会社(人)の商品を買いたくなりますよね?

つまり、良質なコンテンツとは、
セールスやマーケティングを兼ねるので、
口コミで広がる、他の商品が購入される流れを
自然と構築できる最強のツールなのです。

なので、私はアイデアが豊富にあるので
まだコンテンツ化してないモノも大量に存在、
コンテンツライターを必要としてます。

さらに、飲食コンサルの橋本さんや、
整体師の伊藤さんなどコンテンツライターを
必要としている人は、実は大勢います。 

彼らはコンテンツをお金に変える
「仕組み」を既に所有しているので、
コンテンツを大量に必要としてます。

私も、工務店やRNで実現してないアイデアが
豊富にあり、コンテンツライターが必要です。

何度も言いますが、あなたに飲食店や
整体師や工務店、ビジネス経験がゼロでも
全く問題なくコンテンツは作れます。

なので、、、
コンテンツライターを養成する講座を
教材として販売することを決意しました。

それが、

です。

セールスライター養成講座教材は、
以下のプログラムから構成されます。

■コンテンツライター養成講座セミナー動画

10本合計9時間17分50秒の圧倒的内容!!

いつでも復習可能なオンライン動画でお届け。

内容をご説明すると・・・

Stage 1 コンテンツライターの時代

Stage 2 コンテンツライターになる方法

Stage 3 コンテンツライターのコピーライティング法

Stage 4 コンテンツライターのライフスタイル

Stage 5 仕事を受注する方法

Stage 6 資産を構築する方法

■コンテンツライター養成講座 豪華マニュアル、テキスト

※イメージ図:実物はいつでも復習可能なPDF版にてお届け

・マインドセット編

Part 1 コンテンツライターの時代到来 p.046

Part 2 新しい人生を開拓する p.067

Part 3 A級コンテンツライター p.088

Part 4 コピーライターのメタ分析 p.107

Part 5 「コピーライター」のメタ思考 p.123

Part 6 コンテンツライター心得15ヶ条 p.138

Part 7 運命のWork p.156

・ライフスタイル・スキル・健康編

Part 8 コンテンツライターのライフスタイル p.185

Part 9 コンテンツライターの肉体管理 p.206

Part 10 生産性を高める方法 p.229

Part 11 思考を速くする方法 p.260

Part 12 書くための断捨離術 p.284

Part 13 キュレーションとは p.308

Part 14 世界を知る p.326

・実践編 コンテンツライターになる方法

Part 15 売れるネタの作り方 p.358

Part 16 コンテンツ作成の手順 p.378

Part 17 思考リミットレス法 p.415

Part 18 コンテンツ大量生産の秘けつ p.431

Part 19 コンテンツライター実務 p.454

Part 20 2種類のコンテンツビジネス p.469

Part 21 優良クライアント発掘法 p.487

Part 22 クライアント獲得戦略 p.503

Part 23 情報起業家になる方法 p.523

Part 24 情報起業家 成功する5つの秘けつ p.554

・コンテンツライター 次の世界

Part 25 人を言葉で動かす方法 p.576

以上、詳しく解説します。

1.コンテンツライター養成講座セミナー動画

コンテンツライターの大きな特徴として、
「すぐ」稼ぎ始められることが挙げられます。

半年から3年の下準備を必要とせず
やり方を学んだら即実践お金を稼いで下さい。

もちろん、最初は効率が悪くて時間がかかるかも
しれませんが、実践が最高の練習です。

2日間の濃密なセミナーの様子をそのまま動画に収め、
現場の臨場感も感じながらスキル習得に集中できます。

これまでは、弱肉強者の世界で争いに疲れた方も
コンテンツライターは「専門分野」の概念がなく
あらゆるジャンルで必要とされてるので
「ライバル」という概念が存在しません。

後ほど詳しく説明しますが、
コンテンツライター同士の集うグループに
ご招待しますので、むしろ積極的に仲良くなり、

あなたがバカンス中に依頼された仕事を
お互いに紹介し合うなど
信頼関係を構築しておくことを
強くお勧めします。

2.コンテンツライター養成講座 豪華マニュアル、テキスト

以下の4つのパートから構成されてます。

・マインドセット編

・ライフスタイル・スキル・健康編

・実践編 コンテンツライターになる方法

・コンテンツライター 次の世界

コンテンツに関することは、これだけで十分です。

机上の空論で書かれた他の書籍や教材は、
全てゴミ箱に投げ捨てても、ノープロブレムです。

私が実際にコンテンツで80億円を稼いだステップ、
コンテンツ作成で50万円~100万円の
高額報酬を実際に受け取るコンテンツライターが
「嘘偽りなく」書き下ろしています。

彼も試行錯誤を重ねながら数年かけて
今のコンテンツライターのスキルを確立しました。

その全てを隠し事なく暴露してる貴重な書物です。

3.フォローアップ講座 半年間

(2週間に1度、解説音声、動画、テキストなど配信)

コンテンツライターとして活動する際に
出現する障害物と回避法を事前にお伝えします。

なぜ、最初にお伝えしないかと言えば、
明確な理由が存在しています。

それは、最初に今後、活動を続けていくのに伴い
確実に起きる困難や障害、解決法をお伝えすると、

「何も行動しなくなる」

のです。

そんなことない!と反論するかもしれませんが、
結末が見えてる映画を見る気がなくすのと同じく、
最初に伝えるべきこと、○ヶ月目に伝えるべきこと、
△ヶ月目に伝えるべきことが各々存在してます。

それを準備ができた人に、適切なタイミングで、
転びそうになる前のタイミングで伝えることで、
最高のフォローアップの役割を果たします。

今は意味が分からなくても大丈夫です、
その日が訪れたときに膝を「ポンッ」と叩いて、
私の意図を理解してくれるはずです。

4.報酬発生までのアクションチェックシート

最短最速でお金を稼ぎたい人もいると思います。

その方は、アクションチェックシートを取り出して、
ステップ1から「何も考えず」行動に移して下さい。

特に偏差値やIQが高い人は、
アクションを吟味して頭の中でシュミレーション、

「行動したつもり」

に陥りがちなので注意が必要です。

過去20年間、私も色々な人にアドバイスしましたが
結果が出る人の共通点は学歴、性別、環境関係なく

「言われたことを素直にやる人」

です。

なので、お金を必要としてるなら、
つべこべ言わずに、アクションシートに書かれてる
ステップを思考を挟まず行動に移してみて下さい。

初報酬(ファーストキャッシュ)を目の前にしてから、
次はどうするか、初めて思考を挟んでみて下さい。

5.レイアウトセンスのよいコンテンツを作る方法

初めてコンテンツを作ると、文章が打てていても、
画像やテキストの配置(レイアウト)で

「なんか見た目がな〜」

と思われる事も多いです。

せっかく内容がしっかりしていても、
見た目で損をしている人がかなり多いです。

なので、
今回は特別にカラリストの佐藤ぺこさんから
レイアウトセンスをサクッと身につける方法を
特典として提供してもらいました。

実は、最初のセミナーの時の特典には無かった
特別なコンテンツとなりますので、ここで今
読んでいるあなたはかなりラッキーです。

どこにも出ていない非売品のコンテンツで
ワンランク上のコンテンツを作っていってください。

6.RN専属チームのコピー添削(無制限)

添削も随時、受け付けます。

コンテンツの作成法はステップバイステップで
誰もが再現できるようにお伝えします。

なので、セミナーや教材で学んだ通りに
コンテンツを作成、クライアントに提出すれば
満面の笑みで満足されるのはお約束できます。

ただ、特に最初の頃はクライアントに
自分が作成したコンテンツを提出することは、
心臓がバクバクするほど、心配だと思います。

そんな状況を回避する為にクライアント確保を
躊躇する結果、稼げないのでは本末転倒です。

なので、事前に私達に遠慮なく見せて下さい。

迅速に向上点を指摘してブラッシュアップさせて
クライントが「大満足」するレベルにまで、
引き上げるアドバイスを完結にお伝えします。

7.完全クローズ!秘密のFacebookグループ

コンテンツライターはライバルではなく
仲間という事実は先程お伝えしました。

なので、お互いに案件を紹介したり、
お互いに積極的にアドバイスをする場を設けて、
あなたを1人寂しく活動はさせません。

もちろん、自己紹介や発言の強制はないので、
何も発言せず登録したままでも大丈夫です。

ここでは、私(RN)が作成したコンテンツを
いち早くお見せしたりポイントを解説します。

何かのイベントを開催するときや、
後ほど述べるクライアント紹介も、
このFacebookグループで最初に紹介します。

つまり、限られた人だけが参加できる、
秘密のグループに、あなたをご招待します。

8.クライアント、プロジェクトを積極的紹介

また、遠方や海外にお住まいの方の為に、
随時Facebookグループで新規案件を紹介、
Zoomやスカイプでマッチングも実施します。

RNの大型プロジェクトにも参加して下さい。

経験は問いませんし、やる気がある人を
優先するので、誰にでもチャンスがあります。

「できる、できない」

ではなく、

「やりたいか、やりたくないか」

で判断して積極的に手を上げて下さい。

2019年は、3倍の売上目標を立ててるので、
コンテンツライターが圧倒的に不足してます。

基本的に裏方の仕事になりますが、
表舞台に立ちたい人は積極的に紹介するので、
自分の殻を破る大きなチャンスです。

・・・

以上、

がコンテンツライター養成講座教材の

「基本」コンテンツであり、状況に合わせて、
随時アップデート、追加します。

さて、参加費が気になると思います。

ライバルの概念なし、全員が仲間、
コンテンツを作れば作るほどに知識が増して、
あなたは魅力的な人間になります。

しかも、定年という概念もなしで、
会社や政府ではなく、「あなた自身が」
自分の引き際を決定できます。

あなたの人生をあなたがコントロール可能
という極めて自由度の高い職業になる
投資額は何円が適切かは悩みました。

もう一度、仕事のステップを復習すると

ステップ1:

依頼主にコンテンツのページ数、
納期、報酬額を確認する。

ステップ2:

依頼主のメルマガ、ブログを確認
必要とあれば本や雑誌を購入する。
(必要経費は全て依頼主に請求する)

ステップ3:

必要な箇所をパソコンのメモ帳に、
ペタペタと貼り付ける。

ステップ4:

「ある法則」に従いメモ帳を並び替え
売れるコンテンツに仕上げて納品。

ステップ5:

報酬を受取り次の仕事に取り掛かる。

と極めてシンプルに見えますが、
ここまでシンプル化するには私の20年間、
コンテンツライターの先輩の試行錯誤で
簡素化が達成できたのです。

もし、あなたがゼロから、
コンテンツライターとして活動をするならば

20年以上の歳月、数億円の投資が必要です。

なので、安価に提供することはジレンマを感じ、
とはいえ、高すぎると本当に必要としてる人に
提供することができない…

参加費を何円に設定するのが、
最もフェアな設定か悩み抜いた結果..

120万円

に決定が下されました。

コンテンツライター養成講座の期間は
6ヶ月、つまり半年間で設定されていましたが、
アクションステップシートに書かれてる通りに
行動に移せば最低でも月20万円を稼げます。

つまり、半年で120万円。

今回の講座には半年間フォローアップは

この金額であれば、7ヶ月目からは、
どれだけ、あなたの報酬額が上がろうと
あなたは利益を総取りするこが可能です。

4年間の大学在学中に学費を回収することが
不可能なように一般的には学んでいる途中で
投資額を回収するのは不可能なことです。

なので、世界的に見ても、
かなりお得な価格設定にしているので、
今すぐに参加を決断されて下さい。

と以前であれば自分の都合だけで、
参加費を決めていたと思います。

120万円が安くない金額と認識してますが
必ず回収できる投資案件なので、
自信を持ってオススメできます。

ただ、私は最近もう少し広い視野で
物事を考えるようになりました。

自分だけが贅沢しても良いのですが
やはり、元気のない日本を何とかしたい
そういう想いが強くなりました。

コンテンツとは情報をまとめたもので、
あなたのメッセージだとお伝えしました。

そして、

「特別な人がコンテンツを書くのではなく
特別な人になる為にコンテンツを書くのだ」

私も特別な人間ではないですが、
20年間、コンテンツを書き続けることで
少しは特別な人間になりました。

そして、私のメッセージを受け取られた
数万人の方に影響を与えました。

コンテンツライター養成講座の参加者が
全員コンテンツを書くことで特別な人間が増えて
影響を与えられる人が増えるはず。

それが日本に良いことか、悪いことか、
私には分かりませんが、何かの変化を
起こせることは確信しています。

なので、1人でも多くの人に、
メッセージを届けて良い影響を与える為
今回は特別に120万円の半額の

60万円

で特別に参加を可能にします。

もちろん、期間限定での特別オファーで
一定の人数をカウントしたら、
通常の参加費120万円に即座に戻します。

あと、お伝えし忘れてましたが
コンテンツライターは報酬の他にも実は、
特別なボーナスが存在します。

それは、

「生涯の学習代=無料(ゼロ円)」

です。

これは、かなり大きな金額で、
もしかしたら報酬より魅力的な内容です。

なぜなら、コンテンツを作成時の
書籍や資料は依頼主が負担します。

さらに、コンテンツをまとめる段階で、
強制的にアウトプットするので、
あなたの記憶の定着度が格段に違います。

さらに、高額セミナーの資料作成などの
仕事を請け負えば無料受講と全く同じか

ボツになる内容も知れるので、
参加費以上の価値を無料で知れるのです。

詳しくは 動画で話してますが
あなたが学びたい先生の、

「コンテンツ作成」

依頼をして受注できれば、
もう二度と、セミナーや教材費を支払う
必要がなくなるだけでなく、
あなたは先生に最も近い存在となります。

しかも、基本的に裏方の仕事になるので、
誰からも憎まれずに済みます。

つまり、毎月20万円以上の報酬を得ながら
尊敬する先生の高額セミナーを無料受講、
さらにお近づきになれます。

本当に、そんなこと可能か?

「断れないオファー」

の方法もセミナーや教材で伝授しますし、
良質なコンテンツを代理作成してくれる、
オファーを断る理由はないです。

あなたは、過去にセミナーや教材、合宿に
どれだけのお金を投じましたか?

数万円、数十万円、数百万円、、中には
1,000万円以上の方もいると思いますが、
それが生涯ゼロ円になるのは魅力的です。

60万円だけの投資で毎月20万円を稼げる
コンテンツライターになり生涯の勉強代が
ゼロ円になる、最高のオファーと思います。

いち早くあなたの席を確保して、
コンテンツライターの道を歩みはじめて、
あなたのメッセージを届け初めて下さい。

・・・

とここまで書いてきましたが、

私がいつも心がけている

「期待を大きく超える内容」

のレベルにまで到達してないので、
期待を胸に今回のプロジェクトに
参加して下さった方の期待に答える為に、
コンテンツライター養成講座教材の参加費は、

120万円でもなく、、
100万円でもなく、、
60万円でもなく、、
50万円でもなく、、

129,700円

に最終決定しました。

さて、129,700円をお支払いいただき、
毎月20万円を専門知識ゼロでさえ、
安定的に稼げる方法が知れるのなら、
フェアな取引だと私も胸を張れます。

しかも、9時間を超える濃厚なセミナー動画と
教材を渡してサヨナラ!ではなくて、
半年間フォローアップなど以下の内容を
全て含んだ講座の参加費です。

ですが、、大金なのには間違いなく
あなたがやる気でも旦那さんや奥さん、
家族を説得できずに参加を断念する、
そんな方も、中にはいると思います。

パートナーに内緒で参加する人もいますが
やはり家族に後ろめたい思いをしていると
コンテンツにも影響するものです。

なので、返金保証をお付けします。

つまり、参加費は一旦お預かりして
1カケ月間(30日間)

「事前に聴いていたことと違う」
「自分には、やはり無理だと思う」
「これで20万円は稼げないよね」

と1ミリでも疑問に思われたのなら
RNのサポートに返金の旨をお伝え下さい。

いかなる理由でも返金をしますし、
私は誰が返金要求したのか気にしないので
あなたとの関係は何も変わりません。

これで、
あなたがセールスライター養成講座に
参加しない理由は何も無くなりました。

「コンテンツ」

は間違いなく今後、伸びるジャンルです。

ランディングページ、セールスレターなど、
私の会社が日本で初めて導入したモノも多く
いち早く取り組んだ人は、私を含めて、
大金を稼いで悠々自適の生活を送ってます。

コンテンツは間違いなく伸びますし、
作成する人が圧倒的に足りてないです。

それに、日本一のマーケッター、
日本一のセールスライターは、
もう日本に何人か思いつきます。

しかし、日本一のコンテンツライターは
あなたが獲得するチャンスが残されてます。

ぜひ、この千載一遇のチャンスを逃さず
以下から、あなたの席を押さえて下さい。

“コンテンツライター養成講座”に申し込む

「私には何もない」

と勘違いしている人が多いですが、
絶対に、そんなことはないです。

人生、色々経験されたはずですし、
その価値に気づいてないのが事実です。

もう一度、私が好きな言葉を伝えます。

「特別な人がコンテンツを書くのではなく
特別な人になる為にコンテンツを書くのだ」

コンテンツライターになることで
最高の喜びは自分の人生そのものを
コンテンツ化して残せることです。

子供や孫、子孫に渡るまで残せます。

例え他の人の依頼で書いたモノでも
あなたの「作品」として残り続けます。

そして、
私と同じようにメモ帳を持ち歩き、
日々の出来事を記録して下さい。

形式にこだわらず別に何でも良いです。

そして、そのメモを並び替えれば、
立派なコンテンツが完成します。

あなたの人生、生き様を後世に残せるし
生きた証を形に残せるのです。

もし、あなたがまだ若ければ、
ピンとこないかもしれまえんが
還暦を迎え、残りの人生を考えたときに

「生きた証」

を世に残せることは何事にも代えがたい
価値のあることだと私は信じています。

もちろん、お金を稼ぐことも大切ですし、
ぜひ限界まで稼いで人生を謳歌して下さい。

その方が、あなたの人生のコンテンツは、
充実した物語になるからです。

ぜひ、コンテンツライターとして
自分のメッセージ、依頼主のメッセージを
多くの方に届けてあげて下さい。

最高の職業だと断言します。

“コンテンツライター養成講座”に申し込む

追伸1:

話が長くなりましたので簡潔にまとめます。

コンテンツライターが取り扱う仕事内容は、
主に2つに分類されて、

1,誰かの「アイデア」や「情報源」をまとめて
コンテンツ(依頼者のメッセージ)を作成、
数万円~100万円の報酬を受け取る。

2.自分の「アイデア」や「情報源」をまとめて
コンテンツ(自分のメッセージ)を作成、
100万円~数億円の売上を上げる。

仕事のステップは以下の5ステップです。

ステップ1:

依頼主にコンテンツのページ数、
納期、報酬額を確認する。

ステップ2:

依頼主のメルマガ、ブログを確認
必要とあれば本や雑誌を購入する。
(必要経費は全て依頼主に請求する)

ステップ3:

必要な箇所をパソコンのメモ帳に、
ペタペタと貼り付ける。

ステップ4

「ある法則」に従いメモ帳を並び替え
売れるコンテンツに仕上げて納品。

ステップ5:

報酬を受取り次の仕事に取り掛かる。

コンテンツライターになる必要要素は
以下の3つだけで専門知識は不要です。

・パソコン(安くてOK)

・読むのが苦ではない

・継続して作業できる

さらに、コンテンツを作るごとに
あなたのスキルや知識が積み重ねられ
自然と成長することが可能です。
(しかも、高額な報酬を得ながら)

今後の学習費もゼロ円にでき、
お金をいただきながらスキルを磨ける
コンテンツライターになる方法を
ステップ・バイ・ステップで解説する、

「コンテンツライター養成講座」

は、以下の内容が全て含まれてます。

参加費は特別価格129,700円(税別)です。

お支払い方法は銀行振込一括とカード決済
またカードの分割払いも可能になるので、
詳しくは申し込みページをご覧下さい。

また、返金保証が付いてますので、
購入後30日間であれば、RNのサポートに
御連絡いただければ、いかなる理由でも返金に応じます。

“コンテンツライター養成講座”に申し込む

追伸2:

充実している上記の内容に加えて、
さらに豪華な特典を追加します。

あなたのやる気に応えたいからです。

■特典1:

・億を売り上げた3大コンテンツ
(MMS、ネオビジネススクール、サンダルコピーライター/価格30万円→無料!)

最高のコンテンツをお見せします。

何でも最高のモノを見ておくことで
あなたの基準が上がり自然と
コンテンツの質が上がります。

では、一流のコンテンツは何かと言えば

「売れたコンテンツ」

です。

今回は、過去に弊社が販売して
1億円以上の売上を記録した
3大コンテンツ(販売価格合計30万円)を
無料で特典としてお付けします。

しかも、私は10年先を見据えて
コンテンツを制作してると書きましたが
内容も古くなく学習可能です。

あなたがコンテンツを作る際の
最高の、お手本として機能するはずです。

■特典2:

・数十億円生み出すFacebook全記事(プライスレス価格→無料!)

ほとんどの人が見逃してるのが
私のコンテンツの源泉は、実は

「Facebook」

に書かれてます。

ここから毎年、数億円稼いでます。

Facebookは終わったなどと言われますが
全部ウソです、私が稼いでるのですから。

ただ、具体的に何をしているか
分かりづらいのだと思います。

私のFacebookページをスクロールすれば
全記事が見れますが、まとめたモノを
参加者にはプレゼントします。

日々手書きで書き写すことで、
あなたも文章のセンスが身につくはずです。

■特典3:

・平式・進化する方法2019最新版(価格5万円→無料!)

コンテンツライターに必要な
スキルはないとお伝えしましたが
敢えて言うなら1つあります。

それは、

「健康管理」

です。

納期を厳守する必要がありますし
コンスタントな作業を求められますので、
体調を崩すと台無しになります。

私は59歳ですが若く見られます。

30代の仲間と毎年、世界の旅に訪れますが
実は、いちばん私が元気です。

もちろん、仕事を始めて40年間、
納期に遅れたことはないです。

その秘密と具体的な習慣をまとめました。

“コンテンツライター養成講座”に申し込む

追伸3:

「たいらさん、て何者ですか?(ひらです)」

と私をよく知らない方もいると
思いますので、私が自己紹介するよりも、
私を推薦してくれる友人達を紹介します。

本当に素晴らしい友人たちです。

“コンテンツライター養成講座”に申し込む

RN株式会社