断熱リフォームに手を出しているライバルは少ないが、最近は需要が増えてきている。つまりあなたが断熱リフォームを取り入れればライバルとの差別化をはかれるということだ。断熱をしたい見込み客はあなたの元に来るしか無くなる。平成27年7月8日より住宅の省エネルギー性能に関する法改正が施行された。現在は全ての住宅を省エネ法の対象とすべく国は動いている。例えば国や自治体も断熱リフォームに対して補助金制度を用意している。補助金を使うことで一般のユーザーはお得にリフォーム工事を行うことができるため契約率が高くなる。断熱リフォーム工事は利益率が高い。やり方にもよるが売上に対して3割以上の利益を見込むことができる。断熱リフォームは、OB 顧客や既存の設備リフォームの検討をされている方へ追加提案をする方法で受注することがメイン。そのため、断熱リフォームを検討されている方を新たに集客する必要がない。断熱リフォームは、あくまで設備リフォームに追加して依頼いただくことを前提としている。そのためメインの設備リフォーム自体の売上に加えて、断熱リフォーム工事分の売上を得ることが可能になる。断熱リフォームは工事範囲によって金額が異なるので、お客様の予算に合わせて施工範囲を調整することもできることもメリットとなる。私がおすすめする断熱リフォーム工事は、調査や工事のための狭い床下に潜る必要がない。全国展開している業者さんを使うことで断熱リフォームを外注化できる。そのため社内の負担を大きく軽減され、契約、集金、サポートに専念することができる。日本の住宅のうち4割はまだ断熱処理がされていない。つまり日本のおよそ2500万棟はこれから断熱リフォームをしていくことになる。ライバルが少ないことを考えると大きな利益を見込みる市場であることは間違いない。

ここまでお読みになられたということは、あなたはおそらく「断熱リフォーム」に少なからず興味を抱いておられるのではないでしょうか?そして、おそらくあなたが今の時点で知りたいことは、

などではないでしょうか。もし、そうであるとするなら、その具体的なノウハウを実際の「事例」も含めてあなたにお教えします。1分以内にあなたのメールアドレスに特製のレポートをお届けするので、以下のボタンをクリックして正しいメールアドレスを入力してください。