北ヨーロッパに位置し、2018年に建国100年を迎えた国。

その首都タリンが世界遺産にも登録されているエストニアは
今や世界を代表するSNS、Skypeが生まれた国として知られています。

また、スカイプが生まれたことで注目され、
世界中のイケてるスタートアップ企業が集まっているので、
かなりクールな感じの国です。

またエストニアは法人税も20%と日本よりも低く、
会社設立なども全てネットでできます。

つまり海外に居ながら法人をエストニアに作り、
銀行口座までも作ることができるのです。

そのため「税金を少なくして資産を構築」することができます。

他のシンガポールなどのように
捕まったり追加徴税ということもありません。

加えて物価も日本より安く、
治安もいいので非常に住みやすい国だと言えます。

また最近では法人だけではなく、
ノマドの人でも365日間、自由に滞在できる
「ノマドビザ」という新システムが話題になりました。

つまりわずかな税金を納めさえすれば、
365日はエストニアに住めるということです。

エストニアはEUに加盟しているため、
EU内の国を90日以内であれば
国境検査なく自由に行き来できるようになります。

ヨーロッパ中を文字通り「自由」に移動できるのです。

世界中を旅しながらエストニアに安い税金を払う…
こんなライフスタイルも実現できます。

世界遺産にも登録されている
中世ヨーロッパの街並みが残るエストニアで
海外生活を送りながら資産を築き上げませんか?

詳細なレポートはこちらからお読み頂けます。