2016年、鴻海(ホンハイ)精密工業によりシャープが買収されたのは、ご存知だろうが

その契約調印日が「占い」によって決められていた

というのはあまり知られていないだろう。

当初、シャープは調印日を3月31日に予定していた。企業の決算上、都合がよいからである。

しかし、鴻海側が4月2日の土曜日という異例の日に調印日を変えた。

なぜなのか?

その理由について、4月2日は「風水でも良い日」という「縁起を重視する郭会長の意向だ」と関係者が打ち明けていた。

調印日当日、郭会長は金のスカーフをかけて現れた(上部写真参照)のだが鴻海側の担当者が「これらは風水師の影響である」と説明したことが報道されていた。

世界でうまく行ってる人は「占い師」を抱えている。

日本では一部の経営者や政治家だけが占いを活用している程度で、あまり広く浸透してはいないが

実は、優秀な占い師を囲うことが成功につながるという事実がある。これは、一体どういうことなのか?説明していく。

なぜ、ダントツの経営者は占いを信じるのか?

それは、当たるからだ。

占いは、数千年のデータを基にした統計学である。我々人類は、同じようなところでつまずき、同じようなところでうまく行っている。

ならば、数千年間のデータからうまく行くところだけを活用すれば、これはもうダントツになれる、ということになる。

真の占い師は、未来が読める。

台湾や中国では経営者が占い師に助言を求めたりすることは当たり前となっている。

占いや風水によって、投資や事業立ち上げについての判断を仰ぐほか、企業名や店舗名、開店日などの吉兆も占いによって決めることも珍しくないそうだ。

昔、占いは特定の権力階級のための政治経済のアドバイザーだった。それは、現在でも変わっていない。

つまり、占いは経営のアドバイザーとして最適なのである。

ただ、占い師といっても様々いる。なんちゃって占い師は、恋愛相談だけしている。

我々は、そんな占い師ではなく、経営判断で失敗しないための真の占い師を見つけ出さなければならない。

今、その秘密が解き明かされる。

あなたのEmail※

メールマガジンを送信する事に同意します
あなたのEmail※

メールマガジンを送信する事に同意します
© 2020 RN株式会社 All Rights Reserved.