じめまして、私は都内でハウスクリーニング業を

営んでいる田中と申します。
突然ですが、

いきなりこんな質問をしてしまい申し訳ありません。

実はどうしても皆さんにお伝えしなければならないことがあり、このような質問をしてしまいました。これから、その理由をお話しますので最後までお付き合いください。

私の知人Aさん(現56歳)は、一昨年まで中堅広告代理店の営業部長をしていました。しかし、昨年Aさんが担当していたお得意先を競合に奪われてしまったことがきっかけで、非情にも部長から課長へ降格。しかも空いた部長ポストに選ばれたのは入社当時から可愛がって育ててきた後輩Sでした。

始めのうちはAさんに遠慮していた後輩Sも、経営環境が厳しい中で上層部から与えられる目標数字を達成すべく、だんだんと部下への指示が荒くなり、ついにはAさんに対して

「もっと数字取れないです?今月目標未達ですよ!」

とまでいうようになり、終いには雑用を押し付けるように

なりました。

なんとか挽回しようと頑張るAさんでしたが、さすがに可愛がった後輩からそんな扱いをされたことがよほどショックだったようで、ついには体調不良で会社に行けなくなってしまいました。

Aさんが欠勤するようになってから1ヶ月後、親交のあったAさんの奥さんから、

「田中さん、実は夫がうつ病になり会社を辞めてしまって。しかも、引きこもるようになってしまった。」

と泣きながら私に連絡がありました。

正直、Aさんとは年に数回飲みに行く仲だった私は、それを聞いたときとてもショックでした。Aさんがまだ部長で元気だったころ、

「このまま会社にしがみついて生きていくより、いつかは田中ちゃんに教わって起業してみたいな。ハウスクリーニングって面白そうだし。でも、今の会社を辞める勇気が俺にはまだない。」とよく言っていました。

私は悔しいです。もっとAさんの背中を強く押して、早くハウスクリーニング起業を教えていたら、きっと今頃は引きこもりになんかならずに、安定した収入を稼いで第2の人生を謳歌できだろうに。

ここ数年、テクノロジーの進化は目を見張るものがあります。AIやロボットは複雑な仕事でも、深層学習機能によってすぐに新しい仕事ができるようになり、人の仕事を奪っていきます。この流れは止まることはなく、今後ますます人の仕事がロボットに置き換わっていくと言われています。

今までのように定年までなんとか働いて退職金で第2の人生を謳歌する、なんて生活は到底できないでしょう。

ましてや出世できる自信がある人ならまだしも、そうでない50代のサラリーマンの方々は、第2の人生を謳歌することはおろか、会社に居続けることさえ難しい時代がやってきます。あの時、思い切って行動しておけばよかった、と後悔する前に、今すぐ新しい道を探すべきです。

少子高齢化、共働き時代、多くの家庭で家事をアウトソース

するニーズが高まっており、ハウスクリーニング市場は年々成長しています。人が住む家は必ず汚れが付きますし、その汚れをきれいにしたいという人は数えきれないほどいます。

ハウスクリーニングという仕事はラーメン屋さんのように

店舗を構える必要がなく、軽自動車と掃除道具、そして

正しい戦略と簡単な技術があれば誰でも成功できます。ここだけの話ですが、私は掃除が下手ですが、お客様からは感謝され、対価としていただくお金で安定した生活を過ごしています。

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

それでは、最後に1人ハウスクリーニング起業で週4

働いて最低年収500万円を手に入れる3つのステップ

を教えます。それは、

ステップ3の自宅を掃除して「面白そう!」と思った方は、下記のボタンをクリックして、今すぐに私に連絡してください。1人ハウスクリーニング起業で週4日働いて最低年収500万円を手に入れる方法を教えます。