資に興味がある人も、興味がない人も、これからは誰もが「投資と向き合わなければならない時代」です。

今までは国が代わりに資産運用をして私たちの面倒を見てくれていましたが、これからの時代はそうはいかないからです。

今となっては年金を受け取れるかさえも怪しいと言わざるを得ません。

自分の力で生きていけるようにどの企業も「副業」を解禁し始めています。

大手銀行でさえも「自社だけでは面倒を見きれない」可能性があるからと副業を推奨するほどです。(もちろん社員の経験を増やしたいなど他にも理由はあると思いますが)

つまり国の財政はすでに破綻寸前といっても過言ではなく、一人ひとりが資産運用しなければならない時代なのです。

自分の力で生きていけ!と言われて、いったいどのくらいの人が適切な対応を取れるでしょうか?

将来に向けての確固たるプランを描けるでしょうか?

正しい知識がなければ、何が正しく、何が間違っているかさえもわかりません。

ただ、投資はしっかりと基本を学び、長い目で取り組めば決して危ないものではありません。

博打のようなことをせず、長い目で取り組めばコツコツと資産を増やしていくことができます。

どうすれば長期的に続けられて、着実なリターンを得られるようになるのか。

「日本1やさしい投資とお金の教科書」で解説しているので、ぜひ資産構築への手掛かりにしてください。