介護のご相談を受けていると、このように話される方が多くいます。
限界を迎える前にこのレポートを読んで不安や悩みを解消してください。

介護の負担は誰が担うべきなのか?
この疑問は今の日本ではとても重大な問題になっています。

内閣府や厚労省の調査では、
「自分に介護が必要になった」あるいは「両親に介護が必要になった」
どちらの場合も家で介護希望という人が約7割と多いです。

しかし、「介護が必要になった時困る点は?」
というアンケートの結果に本当の心の声が見えます。

自分に介護が必要になった場合は73%の人が
「家族に肉体的、精神的負担をかけること」
と答えています。

そして、家族に介護が必要になった場合は62%の人が
「世話の負担が重く肉体的負担が大きい」
「ストレスや精神的負担が大きい」
と答えています。

あなたは今何かしらの介護サービスを選ぶという
選択に迫られているかもしれませんが、

まだ決めないでほしいのです。

あなたも家で介護を、とお考えでしょうか?
あるいは施設も検討しているでしょうか?

あなたや協力してくれる親族の負担にも
限界というものがあります。

また、アンケート結果を見てもわかる通り
実は介護を受ける本人にも
「申し訳ない」という精神的な負担を
強いる可能性が高いのです。

私は老人ホームアドバイザーとして、
1,000人の方とお話ししてきました。
その他にも在宅介護事業のデイサービス
にも携わってきました。

最後の住まいや選択を十分に検討できず、
病院で紹介されるままに決めてしまったり、
単純に値段だけで決めてしまう。

その中で、介護を必要とされる方は
誰に相談して良いか分からず
困っている場合がほとんどです。

愛情と罪悪感と、経済的事情
全てが絡み合い親族の話し合いも
遅々として進まない。。。

あなたはどうでしょうか?
ご家族の為にこのページを見て頂いていますか?
それともあなた自身のためでしょうか?

どちらにせよ、お世辞ではなく、
介護について調べて学ぶというのは
とても素晴らしい判断だと思います。

残念ながら、怪我や病気の後で
入院の限度期間が過ぎたら有無を言わさず
施設へ入居、という事例が増えているからです。

最後の住まいや選択を十分に検討できず、
病院で紹介されるままに決めてしまったり、
単純に値段だけで決めてしまう。

これが介護のミスマッチの元凶になっています。

もちろん、限られた時間で期限に迫られ
検討して決めるには限界はありますが、
せめて私の経験からまとめたこのレポートを
一読してポイントだけでも抑えてほしいのです。

このレポートには

など、私の経験からお伝えできることを
わかりやすく基礎知識からしっかり書いています。

冷静に判断できるうちに
一読し、知っておいて欲しいのです。

もし、あなたが今まさに
ご家族のホームを決めようとされている場合
絶対に読んでおいて損はありません。

順番待ちまでしてやっとの思いで入居しても
居づらくて、退居、また一から探し直し…

これが現実に起きています。

一緒に暮らすべきなのか?
施設に任せるべきなのか?

全ての不安の元凶は

“どうすれば良いのか分からない”

ということ。

このレポートを読んで頂ければ
今あなたが持っている不安の大部分は
解消されるます。

『ゼロから学ぶ自宅介護・老人ホーム選びガイドブック』

『特別付録:絶対に避けるべき3つの現実』

を読んで最善の選択を見つけて下さい。

 

このサイトからご登録いただいた情報は、

株)S-FIT、RN株式会社の

二社にて管理されます。

株式会社S-FIT:プライバシーポリシー | 会社概要

RN株式会社:プライバシーポリシー | 特商法に基づく表記 | 会社概要

© 2018 株式会社S-FITケア