目を背けたくなる現状ですが、コロナの影響は、今後数年に渡って続く可能性が非常に高いです。

今、ビル・ゲイツが数千億円を投じて4つ工場を同時に作って、コロナに効くワクチンを開発していますが、仮にワクチンが完成したとしても、しばらくの間は人々は感染を恐れて密接に関わる空間を控えることになります。

コロナ収束後のアフターコロナではなく、ウィズコロナという言葉も生まれていて、いかにコロナと上手く付き合うか?を考えるのが現実的と言えます。

孫正義さんは、先日Twitterでこう呟きました。

「嵐の前では臆病だと笑われるくらい守りに徹した方がいい。

それが本当の勇気だと思う。」

これから襲いかかる嵐、その対策は万全でしょうか?

既に東京を含む、全国に緊急事態宣言が出ている状態です。

世界各地でもロックダウンされている都市が多いです。

このままロックダウンが長期化すれば、実体経済へのダメージは計り知れないことになり、コロナ収束後も元の経済には戻らないでしょう。

既に、交通機関、航空業界、飲食店、ホテル業界、タクシー業界など壊滅的なダメージを受けています。

現在、コロナ融資や現金給付策が取られていますが、この先倒産していく企業、潰れる店舗は多ければ3割程度にものぼるのではないかと予想してます。

と言われています。

1企業が潰れてしまうと、その企業の関連企業や下請けが連鎖倒産していってしまう可能性も大いにあります。

この世界的打撃は企業だけでなく、当然、個人にも襲いかかっています。

コロナウィルス自体は、インフルエンザよりも死亡率の低い病で、

今回の騒動の真の理由は、病気の感染率とインフォデミック(情報撹乱)にあるわけですが、

コロナウィルスそのものの脅威より、コロナウィルスが引き起こす不況のムードにより、消費が落ち込み経済的に苦しくなり命を絶ってしまう人や困窮した生活を強いられる人が多くなることが恐ろしいです。

既にたくさんの店舗のアルバイトスタッフやタクシー運転手などのリストラが始まっていたり、新入社員の解雇が行われたり、テレビCMの広告枠がガラ空きになってしまったりしています。

これに対して、日本政府は現金を一律給付することを考えているようですが、これはインフレの始まりと捉えることができます。

日本は絶対に大丈夫だとか、政府が何とかしてくれるだろうという楽観的な思考は今すぐやめてください。

自分の身は自分で守るしかないのです。

詳しいことは省きますが、今回訪れる不況は一般的な不況とは異なり、

各地で需要不足の長期化が背景に存在します。

飲食店が必要とされない、施設が必要とされないなどなど、トヨタも今経営が苦しく1兆円の融資を受けていますが、実体経済が止まっている状況においては、車の輸出も減少する可能性があります。

そうなってくると本格的に、

と考えられます。先ほども言ったように、リスク管理の基本は、絶対に起きないと高をくくるのではなく、万が一に備えるべきです。

ハイパーインフレとは、物価が急激に上昇することで、お金の価値が下がってしまい、パン一個買うのにも、大量の札束が必要になってしまう恐ろしい現象です。

もし、手持ちの現金全てが紙切れになったとしても、かつてない不況に見舞われたとしても生き抜く力を身につけなければならない。

この窮地を乗り越えるための、キーワードが、バーチャルです。

リアルの世界が全て崩壊している一方で、バーチャルの世界は伸び続けています。

コロナ以前も、コロナ発生後もネットでは物が売れ続けています。

つい先日も、インターネット広告費がテレビ広告費を超えるというニュースがありました。

インターネット広告費は2兆1048億円、テレビメディア広告費(地上波テレビ+衛星メディア関連)は1兆8612億円という結果になっています。

企業の意識として、リアルが機能しない以上、ネットを使って商品を売ろうという方向へシフトしてくると思います。

不況に備えて広告費を削っている企業も当然存在しますが、広告費を削減すると、その後売上が立たなくなるので、やはり広告費をかけ続けることがベスト。攻めの姿勢を捨ててしまえば、コロナに食い殺されてしまいます。

消費者も出来る限り外出を避けて、ネットで買い物をするようになってきているので、最高の展開としては、あなたの商品がネットから売れ続ける→商品が売れて良い口コミやお客様の声やレビューが集まるという好循環のスパイラルに入ることができます。(老人のECサイトの使用率も上がってきているようです)

一部の有識者の中では、

これまでのような会社の事務所、学校の教室、ライブ会場、イベント会場のような「箱」が機能しなくなるとも議論されてます。

音楽やパフォーマンス、先生、講師業をやる人にとってはライブやセミナーや説明会そのものが出来ないという未曾有の事態ですが、この危機を乗り越える方法はバーチャル以外あり得ません。

距離を取りながらも、バーチャル空間で一体感や仲間意識や臨場感を感じられるような工夫やテクノロジーの研究が進んでいくでしょう。

私たちも時代とともに変化し続けなければ、淘汰されてしまいます。

では、どうやってオンラインで勝負していくのか?

次の例をご覧ください。

ウクレレの講師が、初めてネットを使ってお客さんを集めて、zoomで遠隔指導するウクレレクラブを作りました。(参加費、月額3000円)

ウクレレクラブ第1期では24名の参加者が集まりました。
これだけでも、月7万円ほどの収入を得ることができます。

もちろんネットのマーケティングを学べばより大きな人数を集客することも可能でしょう。初めての取り組みでも、正しいやり方で行えば人は集まりますし、オンラインでお客さんにサービスを届けることも十分可能です。

オンラインやバーチャルの仕組みを取り入れるか、取り入れられないかが、

今後の人生を大きく左右する分かれ道になることは間違いないです。

起業家肉体改造は、パーソナルトレーナーがリアルでの指導に縛られず、

オンライン上での指導をメインとした、コミュニティ型のビジネスです。

FiNCというビジネスモデルからヒントを得て、試しにネットで会員を募集したところ、6万円の参加費に総勢200名以上、全8期の開催をすることができました。

参加者も1名を除いて、99%ダイエット成功、肉体改造に成功する驚異の成功率を維持できたので、とても満足度の高いプログラムとなりました。

起業家実践会は、個人事業主、1人起業家、少数精鋭組織での経営などの方をメインターゲットとした、会員制のビジネスコミュニティーです。

過去累計で2000名近くの方にご参加いただいており、

名前や運営方法こそ、年々進化して来ましたが、元のコミュニティーから計算すると10年以上に渡って続いてきたコミュニティーです。

月額参加費1万円~参加費5万円のVIP会員さんまで、年収もこれからスタートの方から、年収1億円を超える方まで様々な方が参加しています。

オフラインの力は使わずに、ネット広告とメールでの募集だけをほとんどの会員さんを集めてきました。

年に1度は、起業家アカデミー賞というイベントも企画しており、全国から300名以上の会員さんが集まります。

コンテンツビジネス選手権は、ゼロから自分のコンテンツを作って売ってみようという企画です。

初心者の方でも、50万~100万ほど販売した方も出てきて、多くの人のコンテンツビジネスを開始する手助けとなりました。

参加費4万円の参加者が300人、月額1万円の参加者が100人とこれまた多くの人がご参加くださり、最後には表彰式などで賑わいました。

点画教室は、長野県の原村にある私の自宅で、2日間がかりで点画の作品を描いてみようという企画です。

参加費は15万円ほどですが、毎回、多くの参加者で賑わっています。

この点画教室のイベントもオンライン講義にして、オンラインで絵を見せ合うということも可能ではないか?と考えています。

最も賢い者が生き残るのではなく、変化し続けた者が生き残るのだ。

これは、進化論を唱えたダーウィン博士の言葉ですが、

私自身、60歳を超えても尚、変化し続けなければ淘汰されてしまうと、

強い危機感を覚えています。

今回のコロナの影響で、少なからずダメージを受けましたし、周りの経営者友達の起業家達も、ほとんどの人が悪戦を強いられています。

しかし、人生は続きます。雨の日があっても、風の日があっても人生はこれからも続いていくのです。であれば、前を向いていくしかありません。

このタイミングで、コロナのせいにして「できない理由」を並べるのか?

もしくは、逆境でも「できる理由」だけを考えて手を打っていくのか?

それを決めるのは、あなたしかいません。

上手くいっている方法はずっと続ければいいですが、

上手くいかない時、苦しい時は戦い方を変えなければなりません。

私も、起業してから20年以上このビジネスのフィールドにいる中で、一時的に上手くいっていた方法が、通用しなくなる経験を幾度となくしてきました。

そんな時、やはり表面的なテクニックだけを学ぶのではなく、時代に適応したり、普遍的な人間心理を理解したり、本質的に稼ぎ続けられる力と知識を身につけることが重要なのだと感じます。

一時的にしか稼げないものを、ビジネスというのはあまりにお粗末です。
本来のビジネスの形とは、永続的に稼げてこそです。

巷には、ポッと出で、Facebookでいくらいくら稼ぎましただの、Twitterでいくらいくら稼いだ、Instagramでこんだけ集客しただの、そんな人が溢れていますが、プラットフォームの流行り廃りに関わらず価値を提供して、お金を生み出すということができなければ長期的には生き残れないです。

私は、40歳で起業して20年間、工務店に限らず、情報ビジネス、広告ビジネスでお金を稼ぎ続けてきました。

お金を稼ぐとは、相手に然るべき価値を提供するということです。

それが、オフラインで価値を提供するか、オンラインで提供するか?の違いです。

工務店や、工務店のコンサルティング会社という、オフライン経営もしてきたからこそ、オフラインで人間関係を築いていくことの重要性も理解していますし、

逆に、縦長式のセールスレターを日本に持ち込み、情報販売やアフィリエイトの文化を築き、20年間で100億円近くの売上を作ってきたからこそ、

インターネット中心でスピーディーにビジネスを展開していくことの重要性も理解してます。

オフラインもオンラインもどっちも重要だ。

本当は、そう言いたいところですが、現状、リアルのビジネスが全て崩壊していることを考えると、これからはバーチャルの世界でビジネスの仕組みを作れるかどうかに懸っています。

バーチャルの世界に仕組みを作るのは簡単です。

いや、簡単というと語弊があるかもしれませんが、一度仕組みの作り方を覚えてしまえば難しいことはなく、パターン処理で対応できるのです。

基本的なネット経営の仕組みについてここに記しておくので、

集中して、頭に叩き込んでおいてください。

①広告

②LP(ランディングページ)

③ステップメール(もしくはLINE公式アカウント)

④セールスレター

⑤アフターフォロー

⑥リピート、アップセル

さらに、一度、一連の仕組みを完成させた後は、各ステップで1つ1つの反応を改善していきます。

このLPはキャッチコピーを変えたら、反応率が上がりそうだな。

広告文をもっと長くしてみようかな。

写真を変えてみようかな。

ボタンに動きをつけてみようかな。

登録時に低単価の商品を販売してみようかな。

などなど。

工夫して改善していくことで、全体の反応率を上げていくことが可能です。

投入した広告費<<<<売上

という構図を作り出せれば、仕組みとしては完成と言えます。

後は、広告費をかければかけ続けるほど儲かって行きますので、

様子を見ながら、広告費をドンドン増やしていきます。

もちろん、最初は広告をかけるお金もないと思いますので、広告費にお金をかけるのではなく、SNSなどを使い無料で集客をしてそこからお金を生み出していきます。

この仕組みを完成させるのに必要なスキルが、人を集めるためのマーケティングスキルや、商品を売るためのコピーライティングやセールスのスキルになります。

一度、スキルが上がり、販売の仕組みができてしまえば、基本的にレベルは下がりません。

見込み客と話せば、一定の確率で商品が売れる。

広告を出せば、一定の割合で商品が売れるということになって来ます。

継続的にお金を稼げるようになると不安からも解放されます。

なので、今こそ、この一連の技術やノウハウを継承すべく、

20年間かけて培って来た知識やノウハウをバーチャルビジネス完全マニュアルに詰め込みたいと思います。

今から書くことは、バーチャルビジネス完全マニュアルで話すことのほんの一部分になります。(全てを話すにはここでは余白が足りません)

表面的に読むだけでも、ビジネスを飛躍させるためのヒントが詰まってますので、集中して読んでください。

パフォーマーやミュージシャンがバーチャルで自分のビジネスを確立する方法-今までのビジネスの経験が浅くても落ち込まないでください。これから来る、大不況を乗り越える道は既に準備されています!ゼロからクライアントを獲得し、バーチャル空間上に自分だけの晴れ舞台を作る方法をシェア!(平秀信は熱狂的なファンを生み出すことで自分の絵を100万円で売りました!)

・必ずブックマークしておかなければならない秘密のWEBサイトとは?-このサイトを1日に最低2回、合計20分チェックしておいて下さい…毎日続ければ、何が売れるのか?何が売れないのかが分かるようになってきます…

・儲かっている人間の顧客を合法的に奪い取る卑怯なテクニック-この方法は非道徳ですが、やり方によっては継続的な利益をライバルにバレることなくかすめとることができます(ビジネスは戦争です!心を鬼にしてください)

・コールドリストをホットリストに蘇らせる方法-プロモーションを実践する際、今、保有しているリストがコールドリストの場合、絶対にプロモーションしないでください!なぜなら、嫌われるだけで売れないからです。なのでコールドリストで反応が悪い場合は、一度、リストに価値提供をして温めて再生させる必要があります…具体的な温め方を実践することで、死んだ顧客リスト復活させることが可能です。

・平秀信が20年間見続けて来た、インターネットマーケティングの歴史と変遷、流行り廃りの移り変わりについて-インターネットの世界は移り変わりの激しい世界です。一時的に流行っていたプラットフォームが一年後に消えてしまっていたり、業界で一番シェアを取っていたサービスが1週間後にはひっくり返されていたりします。次なるチャンスに目を向けてトレンドを正しく掴む物事の分析方法をお伝えします。

・1プロモーションで1000万円以上の金額を稼ぎ出すための準備と裏の仕掛けについて-自分だけで独占せずにチーム化を行うことによって利益は何倍にも膨らんでいきます。リストマーケティングを周りの人間に教えていくことで、大規模なアフィリエイト集団が形成されるからです。特殊なノウハウを自分だけのものにせず積極的に公開することで強い組織を作る方法。

・バーチャルで手っ取り早く儲ける5つの収入源の作り方-この収入源の2つだけでも活用すれば月収10万は確定されたのと同じ事です。…万が一残りの3つを使用し始めたら、収入が増えて税務署からマークされる可能性が高まるので警戒してください!

・下請けとして飼い殺されないためのマインドセット-起業して、いざ独立しても、下請け仕事や案件受注ばかりでは、会社と同じような上下関係に一生悩み続けることになります。真の自由を手に入れるためには、仕事を振られるのを待つのではなく、自分から積極的に提案して、仕事を作っていくというマインドセットが重要です。自由な環境にいても、売り上げが伸び続けて、安定した収益を手にする仕事のスタイルとは?

・あなたの見込み客が…あなたの商品を買わない理由を完全に潰すためのバーチャル契約法の全て-ある質問を投げかけることで、お客さんはあなたの商品を既に手に入れているかのような気持ちに錯覚します。また、相手の状況ステータスを仮定して話を進めることで相手は断ることが難しくなります。少々テクニカルな技術ですが、見込み客をあなたのサービスで救うには必要な技術をまとめました。

・利益率を最大化するバーチャルビジネスの構築方法-巷のなんちゃって企業は「広告費をカットすれば企業が潰れない」と思ってますが、これは間違いです…真逆の発想でライバルの3倍以上儲けるReiwa時代ならではのビジネスの作り方を公開

・利益を出し続けるためのLTVという最強の概念について理解!-ガンガン広告を打っていくためには、1人のお客さんが最終的にいくらの利益をもたらしてくれるのか?という計算がキッチリされていなければなりません。1円単位で細かく計算することによって、ビジネス初期段階から積極的に広告を打つことが可能になります!(広告を打っても赤字になりにくいです…)

・もし、平秀信がゼロからビジネスを立ち上げる場合にどんなステップでビジネスを作っていくか?-今の平秀信がこれからインターネットビジネスを始める人にどうしても伝えておきたいこととは?私は20年間のビジネス活動のなかで、数え切れないほどの失敗を犯して来ました。だからこそ、それだけ成功できたとも言えますが、予めこの落とし穴を知っていれば回避できたのです!ビジネスを加速させて、究極にショートカットするための秘訣を公開!

・売る商品がないと嘆く前にやるべき3つのこと-いざ、情報発信を始めても、売る商品がないので、売上が立たず、SNSを撤退していく人が後を断ちません。実は彼らは初期段階で絶対にやっておくべき商品探しというステップを抜かしてしまったからその報いを受けているのですが、どうやって売るべき商品を見つければ良いのか?ゼロから優しくレクチャーしていきます。

・必ずしも自分が前に立つ必要はない!-一見するとキャラクタービジネスを展開しているように思われる私ですが、実はこれまでも大量の弟子(成功者)や生徒をプロデュースして来ています。陰から企画を作り、プロモーションの筋書きを書くことで無限の横展開が可能かつ、横展開すればするほど利益も大きくなっていくので、自分がある程度成功したら裏方に徹することもオススメです…

・クライアントを2人以上抱える際の禁止事項…-このルールを破ると収入は約46%激減します…ですが、多くの人がある間違いを犯してしまっています。なぜならあなたもご存知の有名なマーケティング本が長い時間をかけて、間違った概念を広め続けたからです!クライアントとの向き合い方、管理の仕方について、あなたにだけに正しい方法をこっそりお伝えします。

・オンライン指導で確実に結果を出させるための指導法と洗脳法-あなたが講師やコンサルをやる場合、生徒の結果を出せない状態で大量に集客すると、「あの先生の元で学ぶ生徒は、誰1人結果が出ていない」と悪い噂が立ってしまいます。対面指導でなければ結果を出せないという先入観を捨て去り、30日以内にオンライン指導で生徒に爆発的な結果を出させるための秘密とは?

・トップマーケッターが絶対に教えたくないお客さんを思い通りに操作するトリック-悪用厳禁!これを使うときはお客さんを正しい方向へ導く時だけにしてください。なぜなら、人間の本能のメカニズムから言って、脊髄反射で逆らうことが不可能な誘導方法だからです。この方法を正しく使えば、お客さんの満足度を最高レベルに高めながら、売上を伸ばすことが可能です。

・あなたの見込み客が抱える最大の問題を知るためのうってつけのリサーチ法-これは1日10分もあればどこでもできることなのですが、ほとんどの人がこのリサーチをやっていないためトンチンカンな商品をお客さんにプレゼンして断られています。この習慣を持つことで、あなたは見込み客が抱える、恐怖、悲しみ、苦しみが手に取るように理解でき、お客さんの心を打つような言葉をかけてあげることができます。

・クライアントを自動で集める顧客獲得法-お客さんを集めるには決まり切ったやり方があります。ある法則に従ってWEB上に仕掛けを張り巡らせていけば、例えあなたがお風呂につかりながらリラックスしていてもオートマチックに顧客が10人単位で増え続けてしまいます。

・最短最速で稼ぐために必要な具体的な手順を公開!-初心者ほど、最初に何をやっていいか分からず、稼ぐ構造を作り出すまでに長い時間がかかってしまいます。先ほど話した儲けるための仕組みを1つ1つ丁寧に作っていくことで無駄な時間をかけずに、堅実に稼ぎを増やしていくことができます。

・得意ジャンルや傑出した才能がない人がマネタイズを可能にする思考法-自分には人に教えるスキルや、何かを語る資格がないと悩むのはやめてください。この方法を使えば、今、実績がなかったり、知識がなかったりしても自分だけの武器を作りあげ、マーケットに絶妙な角度で切り込んでいくことが可能です!(捏造した証拠画像や下品な札束の写真をアップする必要は一切ございません)

・集客における心臓部分とも言えるLP(ランディングページ)。ここの登録率が2倍になれば、単純に収益が2倍変わることを意味します-平均的なランディングページの成約率が5%~10%の中、なぜ、私たちが作るランディングページは成約率15%~25%をキープするのか?この驚異的な数字の裏には細部まで拘った徹底的なコピーライティングの技術があります(ヒント:影響力の武器)

・Facebookに投稿する内容が一切思いつかない状態から、無限にネタを生み出していく方法とは?-この方法を知らなければいつもゼロから投稿のネタを考えないといけないため、1投稿するだけで疲労困憊になるでしょう。合法的にアイディアをパクリ、いいね!が殺到し集客に繋がるSNS投稿術とは?

・少額の広告費から初めて雪だるま式に顧客リストを増やしていく戦略-今、多額のお金を広告費にブチ込む余裕がなかったとしても、絶望しないでください。ゼロからスタートして、確実にリストを増やしていく上昇のスパイラルは確実に存在します。(20万の資産を1000万まで膨らませた人もいます)情報戦争時代において、どのように見込み客を集め資本を回収していくか?具体的な戦略をステップバイステップで解説していきます!

・集めたリストから反応を取り個別相談に持ち込む4つのテクニック-リストは集まったが反応が来ない?そうですか、だったらこのテクニックを使ってください4方向から読者を刺激することによって、読者は刺激に耐えられずにあなたに話しかけてきます…リストを有効活用するための秘策をシェア!

・理想のお客さんだけを引き寄せる情報発信術-自分で考えない、他責思考の腐ったお客さんは要りません!本当に欲しいのはやる気があって、自己責任で行動してくれる積極的なお客さんだと思います。あえてフィルタリングすることによって、良質なお客さんだけを集めるためのテクニック。

・何を書いたらいいのか分からない、どうやって書けばいいか分からない…そんな悩みを吹き飛ばす最短最速コピーライティング上達法-文章を各テクニック云々よりも、何をテーマに書くか?の方が遥かに重要だったりします。では、どうやって面白い話題やテーマを引っ張ってくればいいのか?(面白い話を用意することができればコピーが下手でも、劇的な反応率を狙うことが可能です…)

・他人から絶大な信頼を得るためのプレゼント攻撃の極意とは?-価値提供してくれる人を人は敵として見なすことはできません。あなたが濃い情報や優良なコンテンツを提供し続ければ自然とあなたのファンが増えていきます!あなたのことを心の底から応援してくれる人が増えていけば、嫌でも良い情報やあなたにとって得しかない仕事の話が舞い込んで来ることでしょう。

・自動化できるビジネスと労働集約型のビジネスの決定的な違いについて-労働集約型のビジネスをしている限り、働いても働いても楽になることはありません。仕事量ばかりが増えていくのに、一向に楽にならない場合は、非常に危険な状態に陥っていると考えてください!どうやったら自分が働かなくても仕組みが動くようになるのか?仕組化するための本質的な立ち回り方を公開します。

・ライバルが貴重な時間とお金と労力をかけて作りあげたアイディアを合法的に奪い、ライバルの10倍の利益を叩き出す非道徳な情報収集法-基本的に情報収集に使うメディアはGoogle、Amazon、Twitter、Facebookでオッケーです。ただし、これらのツールを真の意味で使いこなせるかどうか?でこれからの人生であなたが得られる有益な情報は100倍以上の差がつきます。(現金に直結するアイディアや知識を得れば得るほど、あなたの収入は増加します)

・見込み客が喉から手が出るほど欲しくなる魅力的なコンテンツを短時間で作り出す方法-あなたが究極のコンテンツを所持していれば、無理に売り込まずとも、必死に働かずとも、お客様の方から是非買わせてください!と懇願されて勝手に売り上げが大きくなっていきます。人を引きつけるパワフルなコンテンツを秒速で作成するためのコンテンツメイキングの術。

・従業員0で年間億単位の利益を生み出す会員制ビジネスモデルの作り方-常に外注を使い、プロジェクトベースでチームを組むことによって、正社員を雇用せずとも爆発的な収益を上げることが可能です。全てのプロジェクトを雇用関係一切なしで完遂する組織マネジメントのコツと、会員制ビジネスにおけるマネタイズのポイントとは?

・コロナ非常事態宣言下においても、パニックにならず原理原則に従ったビジネスを仕掛けていけばいい?…-そう言い切れる理由と根拠について-状況が変化することによって、通用するノウハウの部分は変わりますが、基本的な原理原則の部分や、物事を攻略するための思考法、目の付け所は変わりません。大局観を養い、バーチャルを含む確実に伸びていく領域にリソースを投下していけば、看板のない一個人もこの苦境も乗り越えていけるでしょう。

・どんなことが起きても会社を潰さないためのコストカットの技術-10年で生き残る会社は1~2割と言われてきましたが、コロナ下においては、それ以上の会社が倒産し、個人も潰れていく可能性が高いです。まずはリターンを欲張ることよりも、コスト…特に固定費を徹底的にカットすることが重要です。どんな窮地に陥っても大切な会社を守り、信用を失わないための打ち手。

・リストマーケティング成功のための4ヶ条とは?-数字や計算が苦手なあなたでも、簡単な公式に理想の売上を代入するだけで、どれくらいの時間をかけて、何人くらいのお客さんを集めればいいのかをパパッと算出することが可能です。リストマーケティングの成功は、この事前の計算に全てが掛かっています。ビジネスを安定させて軌道に乗せるための便利な公式を公開!

・広告費ゼロで見込み客を大量に集める、Facebook友達を5000人にする方法の全て-広告費がかけられない?そうですか、だったらこの方法を使ってください、わずか2週間足らずであなたのFacebook友達が5000人に到達します。見込み客に絞って友達申請を行うことで濃いリストを作成可能です!

・最初の100万円を稼ぐために必要なステップ-何はともあれ目先の現金が欲しい?…-これは正直な本音だと思います。7桁以上の金額を稼ぐためには、手っ取り早くバックエンド(高額商品)を売ることが必要になってきますが、無料でエサをバラ撒くことによって、効率的に高額商品を売ることが可能です。

・ヒット商品を量産するアイディア炸裂法-売れ筋を調べることによって、簡単に売れるテーマを見抜き、商品を作成することが可能です。では、どこで売れているテーマや流行のテーマを調べればいいのか?Amazonかメルカリか本屋なのか?具体的にどこを見れば良いのかをこっそりシェア!(この秘密を知ってもライバルには絶対に教えないようにしてください)

注意※以上は予定となっています。
内容をブラッシュアップするため変更になる可能性があります。

世の中には二種類の人間がいます。

仕掛ける側の人間と、仕掛けられる側の人間です。

あらゆる分野において、人はこのどちらかに属しています。

例えば、私は飲食店は経営してませんし、基本的に食べ物を生産していないので、(ニンニクを育てたことはありますが)飲食に関しては基本的に仕掛けられる側です。

しかし、家を販売したり、情報を販売したり、お客さんの広告を請け負うことで生計を立てています。コチラの分野においては仕掛ける側に位置しています。

今回のコロナの騒動に関しても、作為的な部分はあるかと思います。

コロナの発生自体は自然発生だとしても、コロナを建前に各国が様々な交渉を行い、現行の制度を変えたりイノベーションを行い、情報で相手国を殴るというパンチの撃ち合い、ミサイルの撃ち合いが行われています。

つまり、何が言いたいかというと、コロナで損をする人が大半ですが、

中にはコロナの騒動を利用して利益を貪っている奴らもいるということです。

だとしたら、この状況に悲観しているのではなく、視点を変え、フォーカスを変えて、いかに自分がこの状況下で得をできるか?どうしたら儲かるか?

を考え始めなければなりません。

これまでも多くの人を見てきましたが、一番得をするのは、相手に価値を提供できる人です。価値を提供し続けることによって、信頼が貯まり、お金も稼げますし、人徳も積まれて、多くの人に支持されて影響力の輪が広がっていきます。

これを仕掛ける側と呼んでいますが、仕掛けるとのは、何も顧客を陥れるのではなく、然るべき情報や価値を提供して、相手から感謝されるという状態を指すのです。

実は、お金が儲かるということよりも、周りの人に感謝されまくっている状態こそが真に幸せで安定している状態なのですが、わかりやすく、その方がお金が稼げるよということをこれまで伝えてきました。

自分が生きているという実感も持ちやすく、周りの人の役に立てているというのは非常に幸せな状態なので、是非、この経験を多くの人にしてもらいたいと心の底から思いますし、その過程でお金も稼いで人望も獲得できたら最高なのでは?と考えています。

多くの人は、待ちの状態で自分から何かを変えようと働きかける力が弱いです。

誰かが成功させてくれるのを待っていたり、外部の要因に依存したり、人のせいにしたりと、だからこそ99%の人は成功しないわけですが、私たちは、コロナのせいにすることなく、自分の手で掴み取りに行かないといけないです。

成功は降ってこないです、情報もやってこないです。

自らの意思で、自らの選択で力強く掴み取るのです。

環境に問題があると感じるなら、環境を変えなければなりませんし、

情報やノウハウが足りないと思うのなら、情報を集めて、人脈を形成し人に教えてもらわないといけません。

バーチャルビジネス完全マニュアルは、

あなたのオンラインで稼ぐ力を飛躍的に高めます。

私、平秀信が20年間かけて養った、ネットマーケティング、コンテンツビジネスの極意を文字通り全てあなたに継承するプログラムです。

それゆえ、金額はかなり高額になることが予想されると思います。

バーチャルビジネス完全マニュアルの販売価格は、

50万円に決定します。

これは10万円の商品を売っている方が、5本成約を取れば元が取れる数字です。

先ほども伝えたように、ビジネスとは永続的に稼ぐものです。

この金額を投資することで、一生涯バーチャルの世界から収入を得続けることができるのならば惜しくはない投資だと思います。

私自身、会社員時代から多額のお金を使ってマーケティングを学んできましたし、今でも、気になる商品があれば購入して勉強しています。

あなたにもバーチャルでお金を稼ぐ通して、家族を養い少しでも幸せになってもらえたら嬉しいです。なので、是非手に取ってもらいたい。

しかし、私はもう一度考え直しました。

今、困っている人がいる中で、50万円という金額は少しズレているかもしれないと…

そこで、30万円という金額を考えました。

ですが、30万円だと給付金が吹き飛んでしまいます。

なので、20万円がいいか、10万円がいいか、

でもこの究極の知識を安売りはしたくないなあと悩みました。

 

かなりの葛藤がありましたが、最終的に決めた金額は

50万円でも、

30万円でも、

20万円でも、

10万円でもなく、

49,700円

5月24日23:59まで!

限定価格 29,700円(税別)

という価格です。

この金額で少しでも多くの人に手に取ってもらい、バーチャルで稼いでもらい、このコロナの荒波を一緒に乗り越えていこうと思いました。 

バーチャルビジネス完全マニュアルでは、
下記の内容を様々な角度から 網羅的にお届けします。

1.平ー高見対談動画

2.書き起こし編集

3.アイデア出しの方法

4.コンテンツの作り方

5.LPの作り方

6.ステップメール

7.レターの書き方

8.コミュニティの作り方

9. 課金の仕方

ゼロからでも始められるように ステップバイステップで 解説しているのでご安心ください。

Q1:ネットでお金を稼いだことがありませんがそれでも大丈夫でしょうか?

A1:大丈夫です。いや、むしろ、そのような人のために、バーチャルビジネス完全マニュアルは存在しています。

これからリアルが崩壊していく世界の中で、ネットでお金が稼げないと苦しい戦いを強いられることになります。

自分の生活費を稼ぐためにも、大切な人を守るためにも、ネットで価値を提供してお金を稼ぐスキルを絶対に身につけておくべきです。

Q2:スマホだけで出来ますか?

A2:スマホ完結で、ビジネスを行うことは不可能ではないです。

SNS投稿をしてお客さんを集めてそこにサービスを提供していけますし、

やろうと思えば、スマホで長い文章を書くことはできます。

ですが、本格的に取り組むことを考えるのであれば、

最低限パソコンとWi-Fiの環境を整えるべきだと思います。

その方が作業が効率的に進みます。

Q3:サポートはありますか?

A3:基本的に動画を提供するので、そこで学んで進めていただく形になります。

もし、質問などがあれば、RNのサポートまで気兼ねなくメールしていただければと思います。答えられる範囲で、RNのスタッフが回答致します。

support@kick-start.jp

ゼロから丁寧に教えていきますので、初心者でも挫折することなく取り組めるプログラムとなっています。

ただ、バーチャルとはいえ、魔法のような必殺技はありませんし、ビジネスである以上、それ相当の厳しさはあるので、覚悟を持って取り組んでください。

Q4:在宅で出来ますか?

A4:在宅で家から一歩も出ずにビジネスを完結させることも可能です。

問題ありません。

今、苦しいのは私だけではない、日本のみんなが苦しい思いをしている。

それを重々理解しています。

コロナによってリアルが破壊されてしまったというのは、

本当に映画みたいな話ですが、事実は小説より奇なり。

実際に起きてしまったことですから、これに対応していくしかありません。

バーチャルの世界で商品やサービスを販売できるようになると、楽になります。制限がなくなり、自由度が上がるのです。

是非、あなたにもネットで商品が売れた!という感動を味わってもらいたいと思います。

いつになっても自分の商品が評価されて、お客様に買ってもらえるということは嬉しいものです。

本当に数十年に一度のイレギュラーな事態ですが、今こそ立ち上がり、皆を引っ張り、周りの人を照らしていきましょう。

バーチャルビジネス完全マニュアルが、あなたを豊かな世界へ導くことを願って。